あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

大盛のり子さんがブラジリアーナのメートルピザにPS純金で挑戦!

WRITER
 
女性大食いタレント・大盛のり子
この記事を書いている人 - WRITER -

豊橋市ブラジリアーナ ピッツェリア1メートルピザは32ピース 8人前相当で、シェアもOKだそうです。

 

川合俊一さんがメートルピザに挑戦するも4ピースを食べて「おなかいっぱいです」と宣言。

 

PSスタッフの「そういうこともあるかなと思いまして、助っ人の方を・・・」という言葉に・・・

 

※「つい、作りすぎちゃう店主8」の特集では、ブラジリアーナ ピッツェリアさん以外に三重県伊賀市の松の家さん愛知県知多郡武豊町のすし居酒屋 大照さん三重県桑名市のうなぎ 与八さん愛知県一宮市の麺日和 千秋店さん愛知県豊川市のカフェレストランあらびかさん愛知県豊橋市のブラジリアーナピザ豊橋店さん等のお店が紹介されました。
(店名のリンクから、PS純金で紹介された各店のページにジャンプできます)

スポンサーリンク

PS純金で放送したブラジリアーナのメートルピザを大盛のり子さんが助っ人した内容

PS純金で放送されたブラジリアーナ ピッツェリアのメートルピザを川合俊一さんの助っ人として大盛のり子さんが助太刀した内容をテキストで残しておきますのでご覧ください。

 

番組は「つい、作りすぎちゃう店主8」の特集。

 

当日の出演は高田純次さん、藤森慎吾さん、ゲストの小池徹平さんでした。

 

ここから=============

ブラジリアーナ ピザ PS純金 大盛のり子

大盛のり子さんが挑戦する豊橋市 ブラジリアーナの1mピザです

豊橋市のブラジリアーナ ピッツェリアのメートルピザの32ピース中、4ピース目を食べた川合俊一さん:「いいロケだったな」

 

PSスタッフ:「おなかいっぱい?」

 

川合俊一さん:「おなかいっぱいです」

 

PSスタッフ:「そういうこともあるかなと思いまして、助っ人の方を・・・」

 

川合俊一さん:「助っ人?」

 

高田さん:「やっぱり。そう思ったよ」

 

小池さん:「助っ人?」

大盛のり子さんが白いレクサスでブラジリアーナ ピッツェリアに乗り付けた

藤森さん:「ほら!」

 

高田さん:「ほらきた!」。「白いレクサスが・・・」

 

小池さん:「誰だ?」

 

高田さん:「もう、世界的に今有名な人だよ」

 

藤森さん:「レクサスが通った後は、食べ物ひとつ残っていないという」。「草も生えないという」

 

ブラジリアーナ ピッツェリアの真正面に止めた白いレクサスから女性が降りると「のり子さーん」 という声に「こんにちは~」と手を振ってこたえる。

スポンサーリンク

大盛のり子さんと川合俊一さんがご対面

ブラジリアーナ ピッツェリアの入り口から「こんにちは」ど、のり子さんが入ってくる。

 

川合俊一さん:「細い女子じゃないですか。細い女子」

 

のり子さん:「初めまして、のり子と申します」

 

川合俊一さん:「初めまして」。「のり子?助っ人さんですか?」

 

のり子さん:「はい」

 

川合俊一さん:「助っ人というのは、いっぱい食べるんですよ」

 

のり子さん:「はい、いっぱいいただきます」

 

川合俊一さん:「ほそっ、細くないですか?」

 

のり子さん:「いえいえ、そんなに細くはないです」

 

カメラがのり子さんの足首を映すと
川合俊一さん:「ほそー、足なんか・・・」と川合さんはのり子さんの大食いが信じられない様子です。

 

川合俊一さん:「身長、なんセンチぐらいですか?」

 

のり子さん:「身長169cmです」 。「 川合さんはなんセンチですか?」

 

川合俊一さん:「あっ、そこそこ、高いんだ」。「195cm」

 

のり子さん:「すごいですね」

 

川合俊一さん:「一般の中では大きいですけどね」。「でもオランダへ行くと XL くださいって言うと、君は L でいいって言われる」

 

のり子さん:「そうなんですか。ヘェ~」

 

その後は沈黙が続き・・・

 

藤森さん:「ブッ、はッはッは(話が進まない)」。「ちょっと女子ネタをね、ぶち込む河合さんです」

 

川合俊一さん:「どうぞ」とピザを勧める。

 

のり子さん:「はい、いただきます」と手を合わせてピザを食べ始める。

 

川合俊一さん:「どうですか?」

 

のり子さん:「玉ねぎがシャキシャキで美味しいです」

 

川合俊一さん:「美味しいでしょ」

 

のり子さん:「はい、とっても美味しいです。トマトですかね、とってもジューシーでマヨネーズと合います」

 

川合俊一さん:「他も大体(玉ねぎが)入っているけど、これの玉ねぎが一番おいしい」と指差す。

 

小池さん:「川合さん、もう食べる気ないですね」

 

川合俊一さん:「ちょっとこれだけ・・・」と言いかけたら、のり子さんは一枚目を完食。「はやっ」

 

小池さん:「(のり子さんに食べ物が)吸い込まれるように・・・」

 

藤森さん:「さあ、ここからはノーカットで(動画を)お送りいたします」

 

ひたすらピザを食べるのり子さんの様子を早回しで放送される。

 

のり子さんが6枚目を食べていると

 

川合俊一さん:「すでにオレを超えている」

 

8枚目で
川合俊一さん:「今、腹なん分目くらいですか?」

 

のり子さん:「3分目です」

川合俊一さん:「・・・」

 

川合俊一さん:「サンパウロでしょう。サンパウロ」と店長に話しかける。

 

店長:「サンパウロ(です)」

 

川合俊一さん:「やっぱり、サンパウロ、日系の人が多いもんね」。「サンパウロ、バレーボールをオレ昔やっててね。遠征に行った時、貴金属有名でしょ。買いに行った金属を・・・」

 

藤森さん:「何の話?」

 

小池さん:「何の話をしてるんですか?」

 

粛々と食べ続けるのり子さんは既に10枚目に着手。

 

川合俊一さん:「知らないうちに・・・」。「えーっ。早いですね」

 

13枚目に突入したのり子さんに

 

川合俊一さん:「今、腹なん分目ぐらいですか?」

 

のり子さん:「ここに来る前に、少し食事してきたので4分目くらいです」

 

川合俊一さん:「ここに来る前に、少し食事した?」。「さっき4枚か5枚目で3分目、1分目しか増えていない?」

 

のり子さん:「そうですね・・・」

 

川合俊一さん:「一番最初、4~5枚で3分目だったのは、その前に食べてものがあったから?」

 

のり子さん:「そうですね」

 

川合俊一さん:「なーに、それー!」。「来る前に飯食って2分入ってたんでしょ」。「すっごーいなぁ」

 

実はのり子さん、予定より早くロケ地に到着していてブロンコビリーでロケが始まる前に(11時半頃)チキンステーキと大盛りサラダを食べていた。

 

藤森さん:「すごいなあ」。「それ食べて、(その上に)こんだけ食べれるの」

 

高田さん:「ハッ、ハッ、ハッ、ハ」

 

そして、午後1時半頃からピザを食べ始めたのでした。

 

藤森さん:「(チキンステーキと大盛りサラダは)ウォーミングアップ?」

 

川合俊一さん:「これだけ食べてくるとだんだん(味に)飽きてくるじゃないですか?それは大丈夫なんですか?」

 

のり子さん:「まだお腹に空きがあるので、飽きはこないです」

 

川合俊一さん:「お腹に空きがあるので、飽きがこない。何か引っ掛けましたね」

 

のり子さん:「かけたつもりはないんですけど、そう聞こえたんですね」

 

川合俊一さん:「真面目な方なんですね」。「のり子さん僕ね、昔バレーやってたんです。それ、知ってます?」

 

のり子さん:「調べたので存じております」

 

高田さん:「調べたので・・・」

 

川合俊一さんがズッコケた!

 

のり子さん:「調べてまいりました」

 

川合俊一さん:「そういう時は『知ってます』でいい」。「調べてまいりました(ナンテ)」

 

のり子さん:「すみません」と言いながら13枚目を食べている。

 

20枚目のピザに手をつけた時

 

川合俊一さん:「今、腹なん分目?」

 

のり子さん:「5分目か6分目です」

 

川合俊一さん:「全然(さっきから)増えてないじゃん」

 

小池さん:「すごいなあ」

 

川合俊一さん:「もし(残りのピザを)全部食べたら、あなたをブラジリアーナ女王にします」。「イヤー、女王になってほしいなあー」

 

小池さん:「何の話をしてるんだ」

 

23枚目

 

高田さん:「行っちゃいそうだな」

 

藤森さん:「今日は楽勝だね」

 

高田さん:「でも(味違いの)4種類(1まいずつ)最後に残している」

 

藤森さん:「味は、こう振り分けたいからね」

 

残りの3枚目をのり子さんが皿に乗せた時

 

川合俊一さん:「なんで、これ飛ばしたの?」

 

のり子さん:「一番美味しいので(後に残しておこうと)・・・」

 

川合俊一さん:「この時点でも、まだ美味しいとか、美味しくないとかあるんですね」

 

高田さん:「ワッハッハッハッ、この時点で美味しいとか、美味しくないとか・・・」

 

小池さん:「これ、どこへ消えてんだろう?」

 

藤森さん:「お腹見せて欲しいよ」

 

小池さん:「見せて欲しいですよ、これ」

 

川合俊一さん:「普通の女子なら、あと二口分が残りました」

 

のり子さんが一口で飲み込むと 、川合俊一さん:「完食!」と、手を叩く。

 

のり子さんも一緒に手を叩き、最後に手を合わせてごちそうさまをしている。

 

所要時間は55分

 

高田さん:「1時間かかっていない」

 

小池さん:「えーっ、1時間かかっていないんですか」

 

ブラジリアーナ ピッツェリアの1メートルピザは何人でもシェアOK!

ナレーション:本来なら家族など、大人数で楽しむためのピザ

 

画面の下には「何人でもシェアOK」とテロップが出ている。

PSスタッフ:「何でこのメートルピザをやろうと思ったんですか?」

 

店長:「家族や友達で楽しむ時間を作りたかった」

 

ナレーション:8人前相当のピザ、この量で、さあいくら?

 

小池さん:「1万円以上? 」

 

高田さん:「うーん、9,800円かな?」

 

小池さん:「1万円」

 

藤森さん:「普通3,000円ぐらいでしょ、1枚が・・・」

 

「シェアOK 8人前相当 メートルピザ (※140種類から4種類選ぶことが可能)」は8,900円でした!

 

高田さん:「安いんじゃないか」

 

藤森さん:「じゃぁ、お値打ちだ。この方が」。「パーティーで頼む時はこれがいいね」

 

食後のコーヒーを川合さんとのり子さんが飲んでいる。

 

河合さんはコーヒーの香りをかいでから一口飲み「苦味がある」と言っている横で、のり子さんはゴク、ゴク、ゴクと一口でコーヒーを飲み干した。

 

川合俊一さん:「一気かよ」

 

スタジオの3人は大爆笑。

 

小池さん:「のり子さん、ちょっとすごいですね」

大盛のり子さんはブラジリアーナ ピッツェリアの1メートルピザの後にチャオにも!

ナレーション:そして、このロケからたった30分後のことでした

 

のり子さんのレクサスは豊橋駅付近を走行中。

 

藤森さん:「なに、ナニ、何?」。「追跡したの?えっ!」

 

高田さん:「また食いに来た?」。「どうした、どうした。どうした?」

 

のり子さんが傘をさして、店の中へ

 

藤森さん:「チャオか、これ?」

 

高田さん:「チャオか?」

 

ナレーション:そういえばこんなことを言っていました

 

ブラジリアーナ ピッツェリアのメートルピザのロケ中の事です。

 

川合俊一さん:「この後の食事は、今日はもう無しですか?」

 

のり子さん:「わからないですね。豊橋市と言ったらスパゲッティのチャオさん。もし行けたら行こうと思って・・・」

 

川合俊一さんが未だ1/3ぐらい残っているメートルピザを指さして「イヤ、イヤ、いや、いや」

 

画面は変わってチャオの店内でのり子さんが運ばれてきた料理の写真を撮っている。

 

藤森さん:「チャオだ!」

 

スタジオの3人は、もう笑うしかない。

 

=============ここまで

 

豊橋市 ブラジリアーナ ピッツェリアの所在地、営業時間やアクセス方法はここからご覧ください。

 

大盛のり子さんが川合俊一さんを助太刀する様子を見て感じた事

大盛のり子さんは、相も変わらずクールですね。

 

あの細い体で粛々と食べるさまが何とも言えません。

 

小池徹平さんも藤森さんも言っていましたが、本当にあれだけの食べ物が、あの細い体のどこに入っていくのでしょうか?

 

大食いタレントと呼ばれる人はたくさんおみえになりますが、大盛のり子さんが一番細いんじゃないかな?

 

身体、大事にしてくださいね。

大盛のり子さんがブラジリアーナのメートルピザにPS純金で挑戦!のまとめ

豊橋市のブラジリアーナ ピッツェリアの1メートルピザは32ピース 8人前相当で、シェアもOKだそうです。

川合俊一さんがメートルピザに挑戦するも4ピースを食べて「おなかいっぱいです」と宣言。

 

そこで、大盛のり子さんが川合俊一さんの助太刀した様子をテキストに書き起こしました。 マサミ

 

よろしければ、下のまとめ記事もご一読ください。

 

【大盛のり子さんのまとめ記事です】

大盛のり子(大食いのりこ)さんが絡んだPS純金のまとめ記事

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2021 All Rights Reserved.