あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

豊川市 あらびかのハンバーグがPS純金で紹介!大盛のり子さん登場!

 
あらびかのハンバーグ 豊川市 愛知県
この記事を書いている人 - WRITER -

豊川市 あらびかハンバーグPS純金ゴールド)で紹介されました。

 

マシュマロみたいにやわらかいと評判のあらびかのハンバーグ10段に挑戦した「かなで」さんの助っ人に大盛のり子さんが登場して、合計16枚のハンバーグとライスを完食。

 

そこで、あらびかのハンバーグが紹介された番組内容と、独自に調べたあらびかの特徴所在地営業時間アクセス方法メニューや食べログでの評価をあなたとシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

愛知県豊川市 あらびかの特徴

喫茶あらびかは、有限会社 阿羅比加(あらびか)が運営する喫茶部門。

 

同一敷地内には洋菓子店「キャロール」があり、平成25年7月からカフェと洋菓子の複合型店舗となっています。

 

あらびかの外観は、おしゃれなレンガ造り。

 

店内も広めでダークブラウンで統一されて、デートにも使える雰囲気の良い喫茶店です。

 

あらびか自慢の手造りハンバーグを中心に、食事メニューが用意されており、コーヒーもおいしいく、モーニングメニューも豊富なため、休日は子連れのお客様で賑わうお店です。

 

PS純金が放送した豊川市 あらびかの番組内容

PS純金が放送したあらびかさんの放送内容をテキストで残しておきますのでご覧ください。

 

非常に長文となりましたので、読み飛ばしていただいても結構です(苦笑

スポンサーリンク

 

当日の出演は、スタジオに高田純次さん、藤森慎吾さん、ゲストのはるな愛さんの3人と、現地リポートにかなでさん(3時のヒロイン)、助っ人に大盛のり子さんが登場しました。

 

ここから=============

テレビ画面にはハンバーグ5~6枚を串刺しにして運ぶ画面が映し出された。

 

高田さん:「これ、一人前?」

 

ナレーション:エーッ、この量でこのお値段? 続いては愛知県豊川市の喫茶店。

 

画面にはARABIKAの看板が・・・

 

店内へ入っていく画面の左上には「 ps ゴールド え?この量でこの値段?」、右上には「愛知豊川 喫茶店でハンバーグの大量注文 マシュマロみたいにやわらかい あらびか」左下には「カフェレストランあらびか 豊川IC車で16分」の文字。

豊川でハンバーグを食べるならあらびかさん!

ナレーション:豊川でハンバーグを食べるなら、専門店ではなく、喫茶あらびかさんという地元の方が多いそうで・・・

 

女性客:「あらびかはハンバーグが美味しい。絶対これ!」

 

対面の女性客:「他のメニューに浮気しない」

 

またまた別の女性客:「豊川だったら、ここが一番」

 

はるな愛さん:「喫茶店でしょう?」

 

番組スタッフ:「美味しいってどういう具合に?」

 

お客様:「ふわふわだよ」

 

番組スタッフ:「どのくらいフワフワですか?」

 

お客様:「マシュマロくらい」、「マシュマロみたい」

 

お客様:「噛まなくても柔らかいから、飲み物?」

 

スタジオの3人:「 ヘェ-」

豊川市 あらびかのハンバーグは柔らかくて専門店以上

画面は変わって厨房を映し出す。

 

番組スタッフ:「今日はハンバーグ何個作りますか?」

 

コックさん:「150くらい、いくんじゃない」 、「ハンバーグ売ってる所たくさんあるから、それでも売れるんだからね。喫茶店で。ただの喫茶店なんだもん」

 

ナレーション:フードメニューが豊富なあらびかさんなんですが、調理台のほとんどをハンバーグが占拠

 

藤森さん:「ずっと(ハンバーグを)焼き続けている」

 

はるな愛さん:「ずっと続けてますね」

 

画面はウェイトレスさんが店内でハンバーグを運んでいる。ほとんどがハンバーグ!

 

藤森さん:「うわー、すごい!ハンバーグ、人気なんだ」

 

高田さん:「(ハンバーグが)大きい」

 

藤森さん:「うわー、美味しそう」

 

テレビ画面は、フォークの腹でハンバーグを押さえて、ふわふわ加減を映し出ししている。

 

高田さん:「ふわふわだ!」

 

画面の下には「マシュマロハンバーグ」のテロップが出る。

 

藤森さん:「うわ、美味しそう、これ」

豊川市 あらびかさんのハンバーグはトッピングもすごかった!

ナレーション:トッピングも凄かった!

 

焼きあがったハンバーグの上にアボカドをドンと乗せた、アボカドハンバーグランチ 900円が映し出された。

 

高田さん:「これは、いらないな」

 

はるな愛さん:「えっ、なんで?美味しそうじゃん」

 

高田さん:「普通のハンバーグでいいな」

 

藤森さん:「その場合は、アボガド無しって言えばいいじゃない」

 

 

次の画面には画面にはハンバーグの上にチーズがドンとトッピングされたチーズハンバーグランチ 900円が映し出される。

 

藤森さん:「チーズはいいでしょ」

 

高田さん:「チーズはまあ、いい」

 

 

画面は変わって、おろしハンバーグランチ 900円が映し出された。

 

藤森さん:「これはうまいよ」

 

そして、ローストビーフハンバーグ 1,250円が映し出される。

 

はるな愛さん:「これ、すごい!」

 

今度はベーコントマトハンバーグ1,090円

 

藤森さん:「うまそう!」

豊川市 あらびかのハンバーグは手作り生地と焼き方にコツが!

画面は厨房に変わって(ハンバーグは)生地から手作りの文字が・・・

 

番組スタッフ:「なんでそんなに、ふわふわになるんですか?」

 

コックさん:「なるべく焼きに時間をかけないことだな」、「表面だけ焼けとる」

 

ナレーション:ふわふわのマシュマロハンバーグ。作り方の極意は焼きの時間を最小限にすること

 

画面には「片面2分30秒」の文字が、そして「もう片面は1分30秒加熱」、その後、電子レンジで1分30秒加熱。

 

はるな愛さん:「お家でできるかも」

 

画面はマシュマロハンバーグをナイフで切って、美味しそうな肉汁がジュワーッと流れ出る様子を映し出す。

 

藤森さん:「両面を焼いて(肉汁を)閉じ込める」

豊川市 あらびかの“作りすぎ”は10段ハンバーグ!

ナレーション:味は最高!でも、どこが作りすぎ?

 

藤森さん:「確かに」

 

カメラはお店から厨房の様子を伺っている。

 

はるな愛さん:「エッ?エーッ!」

 

美味しいハンバーグが10段も積み重なって串刺しになっている!

 

あらびかのハンバーグ 豊川市 愛知県

豊川市 あらびかのハンバーグ10段

 

スタジオの3人「わっ、はっ、はっ、は!」

 

藤森さん:「ふわふわ、台無しじゃん、これ。カチカチになるよ、こんなの一番下の方」

 

藤森さん:「ここまでは、まともな人だと思っていたよ」

 

厨房ではコックさんがハンバーグ10段積みを作って「誰か手伝ってくれないと倒れちゃう」などと言っている。

 

お店のスタッフが串を手に持って手伝い始める。

 

画面の下には「(10段ハンバーグは)お客さんのリクエストでメニュー化」 の文字が・・・。

 

ハンバーグにさした串を手に持って「おーい!運ぶ人!」と呼ぶ傍らで、スタッフが特製ソースをかけて出来上がった。

豊川市 あらびかの10段ハンバーグをかなでさん(3時のヒロイン)が試食

画面は変わって、かなでさん(3時のヒロイン)が、あらびかに登場。

 

藤森さん:「かなで。かなで、いっぱい食べるのかな?」

 

はるな愛さん:「食べれそう」

 

かなでさん:「大好きなんですよ、ハンバーグ。もう、呼吸するかハンバーグを食べるかというくらい」

 

スタジオの高田さんが大笑い。

 

お店の人が鉄板プレートを持ち、串を手で支えながら10段重ねのハンバーグをかなえさんのテーブルに持ってきた。

 

かなでさん:「あらららら、大丈夫ですか、これ?(串を)持ってなきゃいけないんですか?」

 

藤森さんも大笑い。

 

藤森さん:「うわー。10段ハンバーグ」

 

厨房では10段ハンバーグを重ねる様子を写している。

 

串を差した10段ハンバーグに特性デミグラスソースをかけると「ジュワー」とおいしそうな音が・・・。

 

藤森さん:「これは、いくら、かなでちゃんでも無理でしょう」

 

画面は変わって店内のかなでさんのテーブルを写す。

 

かなでさん:「これはどうやって食べるんですか? 」

 

店員さん:「(串を)持っていただいて取りながら・・・」

 

かなでさん:「持っていただいて、すごく大変ですよね」

 

店員さん:「お連れ様に持っていただいて・・・」

 

かなでさん:「あっ、お連れ様。お連れ様いないんですよ。一人で来たんですけど」

 

店員さん:「(串から)外しながら」

 

かなでさん:「すごい量じゃないですか?」

 

10段重ねのハンバーグは総重量1.5キロになるそうです。

 

かなでさんが左手で串を支え、ハンバーグを上から切り崩すも、こぼしそうになる。・・・と、お店の人が小皿を持ってきたので、左手で串を支えながら小皿に移したハンバーグを食べ始めた。

 

かなでさん:「うまい!」、「味はうまい。口に入れた瞬間、すごく柔らかくてジューシー。とにかくめちゃくちゃ好きなハンバーグです、私は・・・」

 

かなでさん:「何これ、凄いな」、「ハンバーグと肉汁が、めちゃくちゃ美味しい」と言いながら、目を大きく見開いて幸せそうにハンバーグを食べ続ける。

 

かなでさんがハンバーグステーキを3枚ぐらい食べ終えたところで・・・。

 

藤森さん:「美味しそう」、「半分ぐらい行くか?」

 

はるな愛さん:「えっ、すごいじゃん」

 

高田さん:「おっ、おっ、おっ、おっ」

 

藤森さん:「ライスもいって(食べて)ますからね」

 

かなでさん:「すごい美味しいんですけども・・・量が ・・・おいしいですよ!」

 

番組スタッフ:「おなか何分目ですか?」

 

かなでさん:「おなかですか?12 」

 

藤森さん:「超えてんじゃない」、「でもよく頑張ったよこれ、4枚食べたんだもん」、「まさか今日レクサス出てこないよな?」

大盛のり子さんが豊川市 あらびかの10段ハンバーグの助っ人に登場!

番組スタッフ:「食べれないと思いまして、助っ人をお呼びしています」

 

藤森さん:「あれ?」

 

かなでさん:「助っ人?」

 

高田さん:「まさか、違うだろうな」

 

藤森さん:「レクサスじゃないですよね、そんな簡単には・・・」

 

高田さん:「レクサス、来たよ、来たよ」 と言って嬉しそうに手を叩く。

 

はるな愛さん:「なに、なに?」

 

藤森さん:「はるなさん、初めてだ」

 

高田さん:「来たねえ」

 

藤森さん:「この、レクサスが通った後は、何の食べ物も残らない」

 

はるな愛さん:「えっ、そんなすごいの?大盛のり子さんって?」

 

藤森さん:「大盛のり子さん来た!」

 

駐車場にレクサスを入れる大盛のり子さんがアップで映し出されると

 

はるな愛さん:「可愛い」

 

場面は変わり、かなでさんが待っている、あらびかの店内に「こんにちは~」と言って大盛のり子さんが入ってくる。

 

大盛のり子さん:「お初にお目にかかります。大盛のり子と申します」

 

かなでさん::「助っ人ですか?本当ですか?」と疑わしそう。

 

それもそのはず。見たところ大盛のり子さんの身体はかなでさんの半分くらいの細さ。かなでさんが信じられないのも無理はない。

 

大盛のり子さん:「結構、食べれます」

 

かなでさん::「食べられます!?」

 

スタジオの三人は大笑い。

 

藤森さん:「そうだよね。誰でも最初は疑うわ」

 

大盛のり子さん:「食べるの好きで、はい」

 

画面は以前のPS純金で、内山信二さんが登場した10人前の4,536円のカルボナーラを完食した大盛のり子さんの様子をリフレインした。

 

それを見たはるな愛さん:「すごーい!」

 

そしてカメラは再びあらびかの店内。

 

大盛のり子さん:「じゃあ、いただきます」

 

藤森さん:「のりこさん的には、これ、ぜんぜん朝飯前」

 

高田さん:「朝飯前だろ」

 

かなでさん::「今は(ハンバーグが)6枚残ってますね」

 

大盛のり子さんが串を抜きながらハンバーグ2枚を小皿に移すと

 

かなでさん::「一気に2段いきました」

 

ナレーション:この後、我々は大盛のり子さんの新たな大盛り伝説を目の当たりにすることになるのです

 

藤森さん:「上品に食べるんだよ、のり子さんは」

 

大盛のり子さん:「柔らかくて、美味しいハンバーグです」

 

かなでさん:「美味しいですよね」と言って、自分事のように手を叩いて喜ぶ。

 

大盛のり子さんの食べっぷりを見て

 

かなでさん:「一口、大きくないですか?」

 

大盛のり子さん:「大きいですね」

 

かなでさん:「飲んでます? 」

 

スタジオの三人は大笑い。

 

大盛のり子さん:「飲めるくらい柔らかいです」

 

はるな愛さん:「すごい、上品な食べ方で!全部食べれるの?このスピードで?」

 

藤森さん:「もう、楽勝だよ」

大盛のり子さんの年齢、身長、体重がかなでさんの質問で白日の下に!

かなでさん:「体重とかって、聞いてもいいですか?」

 

大盛のり子さん:「 前は45Kgくらいでした」

 

かなでさん:「45Kg!身長は?」

 

大盛のり子さん:「身長は169㎝です」

 

かなでさん:「エーッ!(私は) 159㎝、113 kg」

 

かなでさん:「のり子さんは、おいくつですか?」

 

大盛のり子さん:「32歳です」

 

かなでさん:「若いですね」

 

大盛のり子さん:「 かなでさんは、おいくつですか?」

 

かなでさん:「28です」

 

大盛のり子さん:「すごく若いですね」

 

かなでさんと大盛のり子さんは、お互いに顔を見合わせてうなずきあっている。

 

かなでさん:「(大盛のり子さんは)はじめて出会うようなタイプの方ですね」

 

大盛のり子さん:「 YouTube 拝見しました」

 

かなでさん:「ありがとうございました」

 

大盛のり子さん:「海外ドラマあるあるが楽しかったです」

 

かなでさん:「ありがとうございます」

 

かなでさん:「本当に、こんなに食べちゃうなんて、神様ウソだと言って~」

 

大盛のり子さん:「そんな感じです」

 

かなでさん:「普段はわりかた3人で声を合わせてたりしているんで、あんまりちょっと・・・ね」

 

スタジオのはるな愛さん:「すごいんですね。落ちないんですかね(食べる)スピードとか」 、「すごい」

 

ロケ開始から15分でお皿の料理を全て食べ終わった大盛のり子さん:「ごちそうさまでした」

 

かなでさん:「おなか何分目ですか?」

 

大盛のり子さん:「2分目くらい」

 

かなでさん:「2分目!」

大盛のり子さんが豊川 あらびかの10段ハンバーグを追加注文!

大盛のり子さん:「ハンバーグの追加オーダーをしたいんですけど」

 

お店スタッフ:「はい、わかりました」

 

大盛のり子さん:「10段でお願いします」

 

はるな愛さん:「えっ、ここから10段?」

 

かなでさん:「もう1回?」

 

藤森さん:「こんな番組ある?」

 

大盛のり子さん:「トッピングって、どれにします?

 

かなでさん:「えっ、トッピング!」

 

かなでさんは、大盛のり子さんを何か怖いものでも見るように息をのむ。

 

はるな愛さん:「まだ、トッピングするの、これに?」 、「びっくりするわ、これは・・・」

 

お店スタッフ:「はい、どうぞ!」と10段積みのハンバーグを持ってきた。

 

大盛のり子さん:「ありがとうございます」

 

かなでさん:「どこに入るの?」

 

藤森さん:「ここから10段はおかしいでしょ。チーズのトッピングハンバーグだ」

 

高田さん:「これ、いく?」

 

テレビの画面には「追加オーダー 10段ハンバーグ チーズトッピング」の文字が出る。

 

高田さん:「これは、ちょっとひどくないかい」

 

大盛のり子さんは10段積みのハンバーグを串を刺したまま前の小皿に横倒しにした。

 

かなでさん:「すごい、すごい、すごい、その手があったんだ!」

 

粛々と食べ進む大盛のり子さん。

 

藤森さん:「見てて幸せなんだ、のり子さんの食べるの」

 

大盛のり子さんはハンバーグだけでなく、大皿に盛ったライスも食べ進む。

大盛のり子さんが、かなでさんのダンスに思わず噴き出す

ナレーション:さて、これまで何度も助けに現れれてくれたのり子さんですが、

 

藤森さん:「のり子さんと言えば・・・」

 

ナレーション:ゲストの方といつもこんな空気になります・・・と、今までPS純金でのり子さんが助っ人に登場して食べている間中、横にいるゲストが手持無沙汰な様子を映像で再現すると・・・

 

かなでさん:「なんか好きな歌手の方とかいらっしゃいますか?」

 

大盛のり子さん:「TMレボリューションの西川貴教とか」

 

高田さん:「いつもマニアックなんだ」

 

かなでさん:「TMレボリューションの曲、流してもらっていいですか?」とお店の人にリクエスト。

 

大盛のり子さん:「ありがとうございます。お気遣いいただいて」

 

かなでさん:「テンションが上がる(ように)・・・」

 

店内に音楽が流れだすと・・・

 

大盛のり子さん:「(この曲)ホット リミットですね」

 

かなでさん:「笑顔になった」、「すごい笑顔だ」

 

そして突然、テーブルの横でキレッキレの踊りを踊りを披露するかえでさん。

 

大盛のり子さん:「ふっ、ふっ、ふっ」と笑いだす。

 

藤森さん:「あっ、でも、のり子さんが笑っている。初めて見た!あの、のり子さんが・・・」と、いかにも嬉しそう。

 

大盛のり子さん:「すごい上手です」と手を叩いてかえでさんを褒め、「ありがとうございます」

 

かなでさん:「すぐ、疲れちゃう」と息も絶え絶え。

 

息の荒いかえでさんを横目に、粛々とライスとハンバーグを食べ続けるのり子さん。

 

スタジオの3人は、もう笑うしかない。

 

ここから、のり子さんの食べるスピードが早くなった・・・のではなく、早回しに。

 

はるな愛さん:「すごいな!」

 

かなでさん:「あっ、あっ、あっ、ちょっと待って。終わる!?」

 

はるな愛さん:「いやー、すごい!」

 

全てを綺麗に食べ終わった大盛のり子さん:「ごちそうさまです」

 

はるな愛さん:「うわっー、すごい!」

 

かなでさん:「ちなみに今のお腹の・・・」

 

大盛のり子さん:「まぁ・・・4.5分目」

 

スタジオ:「半分いってない!」

 

藤森さん:「マジか!」

 

はるな愛さん:「まだいけるって事」、「やばい」

 

藤森さん:「いけるんですよ」

豊川市 あらびかの10段ハンバーグのお値段は?

画面には「10人前 ハンバーグ10段 この量で!?」の文字が・・・

 

ナレーション:一枚でのお値段は890円

 

高田さん:「そう考えたら8,000円はいく」

 

藤森さん:「単純に10倍でしょ。そうだね8,000円ぐらいはいくでしょうね」

 

かなでさん::「4,500円?(くらい)」

 

お店の人:「3,590円」

 

藤森さん:「うわー、これは安い!」

 

かなでさん::「めちゃくちゃお得じゃないですか?」、「10段もあってめちゃくちゃお得です」

=============ここまで

豊川市 あらびかのPS純金を見た筆者の感想

あらびかさんのハンバーグ10段はお客様のリクエストでメニュー化されたとのことでした。

 

美味しいハンバーグをたくさん食べたいという声が取り入れられたのでしょうね。

 

たしか、あらびかさんのハンバーグは「10段」に限らず1枚から追加ができるはず。

 

私も3段ハンバーグぐらいだったら挑戦できるかな?

 

それにしても、TMレボリューションのホット リミットを踊ったかなでさんには笑った!

 

そして、笑顔の大盛のり子さんを見た藤森さんが、あんなに喜ぶなんて!

 

笑顔って最高の武器かも知れない。

 

愛知県豊川市 あらびかの所在地、営業時間やアクセス、メニュー

豊川市 あらびかの所在地、営業時間やアクセス方法、食べログでの評価をお知らせします。

豊川市 あらびかの所在地、営業時間、定休日

●店名 :あらびか
●電話:0533-84-8730
●予約可否 :予約可
●所在地:愛知県豊川市新桜町通1-38-1
●営業時間:8:00~22:00(L.O.21:40) 日曜営業
●定休日:無休

豊川市 あらびかへのアクセス方法

●お車:豊川ICから約16分

●公共交通機関:JR飯田線牛久保駅から1044m
名鉄豊川線諏訪町駅から1078m
牛久保駅から1,015m

豊川市 あらびか近辺の地図

あらびかの近辺の地図です↓

あらびかの番組コーナーで紹介したメニューと食べログでの評価

あらびかのメニュー

●アボカドハンバーグランチ 900円

●チーズハンバーグランチ 900円

●おろしハンバーグランチ 900円

●ローストビーフハンバーグ 1,250円

●ベーコントマトハンバーグ1,090円

●ハンバーグ10段 3,590円 ※1日3食限定 ハンバーグは1枚~追加可能

あらびかさんの食べログでの評価

あらびかの食べログでの評価は 3.32 です。

豊川市 あらびかのハンバーグがPS純金で紹介!大盛のり子さん登場!のまとめ

豊川市 あらびかのハンバーグがPS純金で紹介されました。

マシュマロみたいにやわらかいと評判のあらびかのハンバーグ10段に挑戦した「かなで」さんの助っ人に大盛のり子さんが登場!

あらびかのハンバーグが紹介された放送内容と、独自に調べたあらびかの特徴や所在地、営業時間やアクセス方法、メニューや食べログでの評価をあなたとシェアしました。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 マサミ

よろしければ、下の関連記事もご一読ください。

【関連記事】大盛のり子さんと豊川市の関連記事です
大盛のり子(大食いのりこ)さんが絡んだPS純金のまとめ記事

愛知県豊川市 米寿司の新鮮でお値打ちな寿司ランチをPS純金が紹介

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2020 All Rights Reserved.