あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

終活はいつから始める?何から始めたらいいの?

 
終活
この記事を書いている人 - WRITER -

近頃、「終活」について考える事が多くなりました。

 

理由は、週刊現代の「『人生最後の10年間』これが正しい過ごし方」という特集を読んだからです。

 

自分のやりたい事を、ある程度好きなようにできる『健康寿命』の平均は、およそ平均寿命からマイナス10歳までくらいで、男性は72歳、女性だと75歳までと書いてあったのです。(東葛クリニックみらい院長)

 

・・・となると私の場合は、あまりのんびりとしていられないという事なのです。

 

この記事では、『健康寿命』の残りが数年となった筆者が、終活について調べましたので、書き留めておきます。

 

まず、終活はいつから始めたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

終活はいつから始めたら良いの?

いろいろと調べてみた結果、終活を始める時期は早ければ早いほど良いと思いました。

終活は気力や体力がなくなる前にある程度は進めたい

今から10年くらい前は、身体は老いても、気持ちが強くて前向きなら大丈夫と考えていました。

 

でも近頃は、昔なら朝飯前にできていたことが、だんだんできなくなっているのです。

 

たとえば、身の回りの不要なものを処分するには、時間も、気力も体力も必要です。

スポンサーリンク

 

気力は続かなくなりますし、以前なら平気で持ち上げていたものが、やっとこさ持ち上がる程度です。

 

痛くも、かゆくもないのに、ある日、突然がんが発見されたりもします。
私の胃がん体験は、ここからご覧いただけます

 

年を重ねると、毎日がジェットコースターに乗っているようにスリリングなのです。

 

また、あなたや私が急に倒れて病院へ担ぎ込まれた時、家族はたぶん「最善を尽くしてください」と言うのではないでしょうか?

 

医師は、「命は助かっても寝たきりになってしまう」と疑問を感じても、延命処置をせざるを得ないでしょう。

 

そんな時に終活で書いたおいたエンディングノートに『無駄な延命治療を望まない』と意思表示がしてあったら・・・。

 

家族も自分も助かるのです。

 

『健康寿命』を短くするリスクは、病だけではありません。

 

事故や事件、テロに巻き込まれて怪我をしたり、生命を脅かされることも有るでしょう。

 

また、現在はコロナ禍です。

 

どれだけ健康管理に気をつけていても、もらい事故のようにコロナに感染すると、高齢者は重症になる確率が、若い健常者に比べて数十倍も高いと言われています。(数倍や十数倍ではないのですよ)

認知症も避けがたいので、終活は早く始めるほど良い

身体に異常はなくても、認知症も避けがたい病気です。

 

75歳~79歳の認知症の割合は、男性約12%、女性約14%ですが、80~84歳では男性約17%、女性約24%と増加します。

 

もし、ご夫婦ともに健在なら、元気なうちにしかできない「お互いの情報を共有すること」が大切だと書いてあります。

週刊現代 2020年10月24・31日号

 

後述しますが、お互いの情報を共有する作業を一番スムーズに運ぶ良い方法は、エンディングノートを書くことだと思います。口頭やメモで伝えるだけではダメだと思いました。

 

『健康寿命』は、何が原因で短くなるかもしれません。

 

人生は何があってもおかしくないのです。

 

老齢の私はもちろん、若者であっても、終活を始めるのは早いほど良いと思うのです。

終活はなにから始めたら良いの?

今から始める終活は何から手を付けたらよいのでしょうか?

 

人によって違うと思います。

 

物を手放してシンプルに暮らすために、断捨離から始める人もいるでしょう。

 

財産の整理を始める人もいるでしょう。

終活はエンディングノートから始めて未来の希望や目標も書き込もう

「終活」とはいっても、これから何年か、もしくは数十年、生きる事になるかもしれません。

 

そうです。「終活」は未来の人生と希望や目標も考えなければならないのです。(先ほどの病院に担ぎ込まれる例のように・・・)

 

となると、「終活」は「エンディングノート」の作成から始めるのが良いようです。

 

エンディングノートには、過去の事柄や大切なメッセージも書くことができますが、これから私やあなたに起こるであろう事柄に対する希望・「こうしたい!」や、「こうでありたい!」という目標も書き込みましょう。

 

終活の為に書き込むエンディングノートは、残りの人生を有意義に過ごすための、「計画ノート」でもあるのです。

終活はいつから始める?何から始めたらいいの?のまとめ

自分のやりたい事を、ある程度好きにできる『健康寿命』の平均は、男性は72歳、女性だと75歳までと週刊現代に書いてありました。

 

そこで、『健康寿命』の残りが数年となった筆者が、終活について調べ、書き留めました。

 

まず、終活は早く始めるほど良いのと、その理由、そしてエンディングノートから始めるのが一番良いと考える理由も記載しました。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 マサミ

 

よろしければ、下の関連記事もご一読ください。

【関連記事】
配偶者居住権の登記を誰でも簡単、即行で行う方法 書式の案内も!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2020 All Rights Reserved.