あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

池田町 伊吹堂の揚げパンは岐阜県に3人だけの一流和菓子職人作とTVで紹介

WRITER
 
揚げパン 伊吹堂 池田町 岐阜県
この記事を書いている人 - WRITER -

岐阜県池田町伊吹堂揚げパンは、岐阜県に3人だけしかいない優秀和菓子職に認定された店主が作っているとPS純金ゴールド)で紹介されました。

 

そこで伊吹堂がPS純金で紹介された放送内容と、独自に調べた伊吹堂の特徴所在地営業時間アクセス方法、揚げパン以外のメニューや食べログでの評価をあなたとシェアしたいと思います。

 

伊吹堂を訪れる際の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

岐阜県池田町の伊吹堂の特徴

岐阜県池田町の伊吹堂さんは、その昔、和菓子一筋だけでは商いが成り立つだけの人口の少ない立地が弱点でした。

 

2代目のお父様の時代には、ヤマザキパンとのチェーン店舗契約を結び、パン屋さんと和菓子屋さんの併売店として春日村のお客様に親しまれてきました。

 

伊吹堂さんの揚げパンは、2代目のお父様が考案されたお菓子で、今では池田町民のソウルフードとも言われるほど、多くのお客様に愛されています。

 

伊吹堂さんの揚げパンは、パン屋さんと和菓子屋さんの併売店だったからこそ生まれた逸品なのです。

PS純金が放送した岐阜県池田町 伊吹堂の番組内容

 

PS純金が放送した伊吹堂さんの番組内容をテキストで残しておきますのでご覧ください。

 

今回は「第4弾 揖斐川編 源流水でコーヒーをつくる旅」特集です。

 

当日の出演は、高田純次さん藤森慎吾さん、ゲストの松嶋尚美さんでした。

 

ここから=============

PS純金のスタッフが揖斐川源流を目指すトレイルランニングの集団に出会う

雨が降る中、スタッフは再び揖斐川の源流を目指しています。

 

するとスタッフが揖斐川を源流まで走る集団に出あったのです。

 

藤森さん:「一緒だ!」

 

高田さん:「いろんな人がいるなあ」

 

スタッフが聞くと、走っているのはただの遊びで、明日の昼までに源流に行くそうです。

 

遊びにしては過酷ではないかと尋ねると「120㎞ぐらいなので大した距離でもない」と答えた。

 

この集団は、山を走るトレイルランニングをやっているようです。

 

すでに木曽川や長良川の源流にも行ったことがあるという強者ぞろい。

 

藤森さん:「(PS純金も既に)やってる。一緒だよ!」

 

ナレーション:同じゴールなので(スタッフも)一緒に源流を目指す。

 

高田さん:「PS純金も、普通じゃやっていけないね」

 

PSスタッフ:「ディレクター魂を見せてやりますよ」と言っていたのですが、2 km を一緒に走って暗くなりリタイヤしました。

翌朝、スタッフは働き方改革のために揖斐川の河口から52 km の地点で交代。

スポンサーリンク

池田町 伊吹堂という和菓子店の揚げパンに出会った!

画面左上には「PS純金 揖斐川源流水でコーヒーを作る旅」、右上には「池田町 あんこがうまい! 和菓子店の行列揚げパン」、画面の下には「池田町民のコーヒーのおとも」の文字が映っている。

 

中学生らしい3人連れにコーヒーのおともになるものを探していると尋ねると「そこの伊吹堂」と教えてくれた。

 

学生:「伊吹堂という和菓子店がある」、「そこだったら多分、おいしいのがあると思う」

 

PSスタッフ:「そこは何が名物何ですか?

 

3人が口を揃えて:「揚げパン」、 「揚げパンでーす」

 

PSスタッフ:「結構みんなよく食べるんですか?」

 

学生:「はい、いっぱい食べます」、「レンジでちょっとチンしたら美味しい」

 

学生3人がPSスタッフを店まで案内してくれることに・・・

 

PSスタッフ:「他の学校の友達も結構みんな食べてるの?」

 

学生:「はい」

 

PSスタッフ:「あっ、そうなんだ」

池田町 伊吹堂の店内の様子と揚げパンの評判

一同は伊吹堂に着き、カメラが店内に入った。

 

PSスタッフ:「揚げパンってどれ?」と聞くと指差して教えてくれた。

揚げパン 伊吹堂 池田町 岐阜県

岐阜県池田町 伊吹堂の揚げパンです

 

食パンを対角線で半分に切った三角の揚げパンが並べてある。

 

藤森さん:「あっ、美味しそう」、「あんこ?」

 

先ほどの学生たちが店の外で買い食いをしている。

 

学生:「美味しいです」、「外は硬いんですけども」

 

PSスタッフ:「今日はいつぶりに食べたんですか?」

 

学生:「1~2ヶ月ぶり」

 

別の学生:「1日ぶりです」

 

ナレーション:池田町民のソウルフード、揚げパン

 

カメラが伊吹堂の店内を映し出すとお客様で混雑している。

 

藤森さん:「すっごい!」

 

松嶋尚美さん:「すっごい!ここ」

 

画面の下には「池田町民が愛する揚げパン」とテロップが出ている。

 

二人連れの男性客にスタッフが聞いてみた。

 

PSスタッフ:「今までに(揚げパン)何個くらい食べられたのですか?」

 

男性客:「1000個ぐらい食べてます」

 

藤森さん:「エーッ!」

 

松嶋尚美さん:「そんなに!」

 

お店から出てきたばかりの男性客にスタッフが「いくつ買ったんですか?」と尋ねると「12袋(5個入り)」

池田町 伊吹堂さんの店主は優秀和菓子職に認定・岐阜県には3人のみ!

店員さん:「(伊吹堂の)店主は優秀和菓子職に認定されているんですよ」との説明と同時に額に入った優秀和菓子職認定書」が大写しにされる。

 

画面下には「全国和菓子協会の認定制度 実技や味など総合的に審査する」 というテロップが出された。

 

店員さん:「そして岐阜県には3人しかいない」

 

PSスタッフ:「えっ、そうなんですか!」

 

ナレーション:そう、伊吹堂さんは超一流の和菓子屋さんなので、あんこには相当のこだわりが・・・

 

「山茶花(さざんか)」や「銀杏(いちょう))などの和菓子が映し出された。

 

高田さん:「へぇー、 すごいね」

 

画面はあんこを作る作業を映し出した。

池田町 伊吹堂さんの揚げパンのあんこはこだわりの北海道十勝平野産あずきを使用

伊吹堂さんのあんこは北海道十勝平野産あずきを使用。

 

藤森さん:「うわー、すごい、すごい、すごい!」

 

店主:「(あんこは)こてーとして、皮がすごく柔らかくて舌と上あごで、皮がつぶれるようなあんこにしたい」

 

この一流の和菓子職人が作ったあんこを食パンにまんべんなくぬっていく。

 

高田さん:「そこ(食パン)にあんこを塗ってね」

 

松嶋尚美さん:「すごい、端まできっちりね」

池田町 伊吹堂さんの揚げパンの衣にはアーモンドも使用

ナレーション:さらに・・・

 

店主がフードプロセッサーでアーモンドスライスを粉末状に・・・

 

店主:「これを揚げパンの生地に入れて、衣はなるべく少なめ、あまり天ぷらっぽくないように・・・」

 

藤森さん:「こだわりがすごいな!」

 

店主:「油はさらっとしてヘルシーで酸化しにくく、臭いが少なく、胃もたれしにくい米油を使用している」

 

高田さん:「イヤ、いいね。3時のおやつにちょうどいい」

 

藤森さん:「美味しそう」

 

松嶋尚美さん:「おいしそう!」

 

高田さん:「これ、いいじゃないの」

池田町 伊吹堂さんの揚げパンは1袋5個入り540円

画面は変わって店の外にいる女性客に「これいくらなんですか」とPSスタッフが聞くと

 

女性客:「揚げパン5個入りで1袋500円(税込540円)」

 

高田さん:「これは安いな、大丈夫?」

 

藤森さん:「安すぎるでしょ」

 

ナレーション:美味しくて安いからってお客さんが止まらない。なので・・・店主はひたすら揚げパン作り

 

松嶋尚美さん:「すごい、ここ!」

 

画面の下には「和菓子作りができない」のテロップが・・・

 

高田さん:「本当だ、ほとんど揚げパンだ!」

 

藤森さん:「すごい」

 

(揚げパンの)予約電話が鳴り止まない。

 

藤森さん:「すごい」

 

店主:「(揚げパンが)ギリギリこれだけ」と、揚げパン2切れをカメラが映し出す。

 

藤森さん:「ヤバイ、ヤバイ」

 

松嶋尚美さん:「ガンバリぃや!電話とか(出るのを)他に任せて!」

 

ここで、店主がPSスタッフに「お願いがあるんですが」。「新規のお客さんに『(伊吹堂の)しおりいかがですか?』って配ってください。お願いします」

 

藤森さん:「和菓子(の宣伝)をね」

 

そこでPSスタッフが店内で「僕、店員じゃないんですけども、お店のチラシなのでよかったら」とチラシを配ると「どれが揚げパンかな?」とお客様。

 

藤森さん:「ドラマがあるなあ」

 

高田さん:「いやー、いいね!」

=============ここまで

スポンサーリンク

PS純金の伊吹堂の放送内容を見た筆者の感想

伊吹堂さんのご主人って、すごい職人さんなんですね。

 

和菓子だけでは商いが成り立たないほど、人口が少ない地域だからこそ、名物の揚げパンができたのですね。

 

また、池田町民のソウルフードと言われるほどになっても、あんこや衣、揚げる油にもこだわって、手を抜かないからこそ、今のお店の繁盛があるんですね。

 

和菓子も、もっともっと作りたいでしょうが、揚げパンも大切にしてもらいたいものです。

 

岐阜県池田町 伊吹堂の所在地、営業時間やアクセス、揚げパン以外のメニュー

池田町 伊吹堂の所在地、営業時間やアクセス方法、食べログでの評価をお知らせします。

池田町 伊吹堂の所在地、営業時間、定休日

●店名 :伊吹堂
●電話:0585-45-0890
●所在地:岐阜県揖斐郡池田町八幡2511−5
●営業時間:8:30~18:00 日曜営業
●定休日:火曜日

池田町 伊吹堂へのアクセス方法

公共交通機関が便利です

【駅からのアクセス】
●近鉄養老線 / 池野駅 徒歩11分(870m)
●近鉄養老線 / 北神戸駅 徒歩19分(1.5km)
●近鉄養老線 / 北池野駅 徒歩23分(1.8km)

伊吹堂近辺の地図

伊吹堂の近辺の地図です↓

 

伊吹堂の番組コーナーで紹介された揚げパン以外のメニューと食べログでの評価

伊吹堂のメニュー

●池田のやま(どら焼き)…165円
●つぼねの里(1ヶ)…95円
●ふんわりん(季節の大福)…170円~
●いび茶ロール…920円
●伊吹草もち…110円

伊吹堂 の食べログでの評価

伊吹堂 の食べログでの評価は 3.07 です。(2020年11月現在)

池田町 伊吹堂の揚げパンは岐阜県に3人だけの一流和菓子職人作とTVで紹介のまとめ

岐阜県池田町の伊吹堂の揚げパンは、岐阜県に3人だけしかいない優秀和菓子職に認定された店主が作っているとPS純金で紹介されました。

 

そこで伊吹堂がPS純金で紹介された放送内容と、独自に調べた伊吹堂の特徴や所在地、営業時間やアクセス方法、揚げパン以外のメニューや食べログでの評価をあなたとシェアいたしました。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 マサミ

 

よろしければ、下の関連記事もご一読ください。

 

【PS純金「第4弾 揖斐川編 源流水でコーヒーをつくる旅」の関連記事】

桑名市 壱番窯(いちばんがま)のカルボやパンモーニングがPS純金で紹介

大垣市 ギャルリ・シュシュアーのオムレットがPS純金で紹介された

揖斐川町 森本工房のドイツ仕込みの手作りハム・ソーセージがPS純金で紹介

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2020 All Rights Reserved.