あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

ステージ4の父の末期食道がんが治療の途中に消えて寛解した!?

2019/11/08
 
看護師さん
この記事を書いている人 - WRITER -

病院側は父の食道がんの入院治療中健康食品(サプリメント)の使用を承諾してくれました。

 

おかげで父の身体は最強の抗がん剤と大量の放射線の副作用に負けていません。髪も抜けず、食欲減退や吐き気も起こしていません。白血球の減少もわずかに抑え、治療中断の心配もありません。入院前より食事の通りも良くなったようです。
詳しくは がんの入院治療中に健康食品(サプリメント)の許可を得て飲むと驚きの現象が! をご覧ください。

 

この記事は、いよいよG大学医学部附属病院の放射線専門医である担当医師から父のステージ4の食道がんが寛解している報告を受けた時の様子です。

スポンサーリンク

ステージ4、父の末期食道がんが治療の途中に消えて寛解していた!?

父の末期食道がんに対するサンドイッチ療法のちょうど2/3、2クール目が終わった時にG大学医学部附属病院でCTによる画像検査をしたようです。

 

その検査を踏まえた上で、担当医は大学病院で撮った画像資料を父に持たせて、G県立病院で改めて画像診断をしてくるように告げたのそうです。

 

当日、父は付き添いも無く一人でタクシーを呼んで県立病院へ行ったそうです。(見舞いに行ったときに父から病室で聞いた後日談です)当時は、大学病院より県立病院の方に性能の良い画像診断装置があったという事です。

 

後日、私は父が県立病院で撮った画像の結果を直接に放射線科の担当医から聞くことになりました。

 

県立病院で撮ったCT画像にも大学病院で撮った画像と同じくがんは写っていません!先生は、よほど信じられなかったのでしょう!

 

画像診断だけではありません。さらに「食道の四箇所から内視鏡で細胞を取って組織検査をしましたが、ガン細胞は一つも見当たらなかった」というお話も付け加えられました。しかし、これでがんの治療の全てが終わったわけではありませんでした。

 

「あんなに大きながんが消えていることのほうが不思議です。たまたま細胞診ではがん細胞が採取できなかっただけかもしれない。」と・・・。

スポンサーリンク

父のがん治療の方針が対処療法から大きく変更された!

そこで最初は3クールしか父の体力が持たないだろうと言われ、3クールで終了予定だったサンドイッチ療法を(父の体調も良いので)念のために、残り2クールの治療を行うことになりました。

 

この時が、がんを小さくするための対処療法から、がんを寛解させる治療に目的が変わった瞬間でした!
詳しくは 手術できない食道がんの治療は放射線と化学のサンドイッチ療法 をご覧ください。

当然、私は、父には残りの治療も無事に完遂できるようにという思いから、がんが発見されて以来、飲み続けていた健康食品(サプリメント)の量を減らすことなく、今まで通りに飲み続けてもらいました。

やはりステージ4だった父の末期食道がんは消えて寛解していた!

4クールのサンドイッチ療法を全て完遂して、がん治療を始めてから4ヶ月後に行った細胞の組織検査では、2クール目が終わった時の結果と同様、がん細胞がひとつも発見されませんでした。

 

その後、担当医のY先生は前回と同様、「念のために・・・」と私と父に県立病院で検査をしてくるように勧めました。(前記と重複しますが)現在のことは存じませんが、父の入院当時は県立病院のほうに最新のCT検査機器があって、大学病院よりも小さながんでも発見する事ができたそうです。

 

私が、平日は父の付き添いができない旨を先生に告げたら「タクシーで行ってもらいましょう」と言われました。父はひとりでタクシーを呼び、県立病院でCT画像を撮り、データをもらって大学病院へ帰りました。(全てのがん治療を終えた直後でも、父は一人でそのくらいの事ができるくらい、カクシャクとしていたのです)

 

後日、父を除いた私たち家族全員は大学病院の一室で担当医のY先生の話を伺いました。

 

今でも先生の声音、話し方、声の抑揚などをありありと思い浮かべる事ができます。最初に「寛解です!」と言われました。県立病院で父が撮ってきたCT画像にもがんは写っていませんでした!

 

あの8センチもあった食道がんが消えた!

 

食道の4箇所から細胞を採取した生検の結果でも、がん細胞は一つも発見できないということでした。もちろん腫瘍マーカーも正常の範囲でした。

 

 

私たち家族は、小躍りして喜び、Y医師は「お父さんにも教えましょう!」と言って4階の病室まで家族全員で父のもとへ行きました。そして、担当医師が父に「あなたの本当の病名は末期の食道がんだったのですが、寛解しました。」と伝えてしまったのです。(それまでは、喉につかえたトンカツを内視鏡で胃に押し込んだ時にできた傷のかさぶたを放射線で焼いて小さくするための治療だと言っていたのに・・・)

 

Y医師としては、消えないはずのがんが消滅したのですから、嬉しさのあまりだったのでしょう。(ですが、担当の医師が父にがんだったと告げたことが、後後になって尾を引いてしまう事になるのです)

 

さらにその場で先生は「本名は明かしませんから今回の症例をがん学会で発表させてくれ」と頼まれ、こちらも感激していたので承諾をしたのでした。

 

その後、Y先生はCH県の出身大学から部下を迎えられ、ご自身は放射線科の部長に昇進されたと定期検診から帰ってきた父に話を聞いたことがあります。

ステージ4、父の末期食道がんが治療の途中に消えて寛解した!?のまとめ

8センチもあった食道がんが、治療の途中の2クール目が終わった時点の画像検査と細胞診でがん細胞が発見できなかった!

 

そのため病院の治療方針が、がん細胞を小さくするためだけの対処療法から、がんの寛解を目指す治療に目的が変換!当初3クルーで終了する予定のサンドイッチ療法が4クルー行われる事になりました。

 

そして、全ての治療を完遂した父の食道からは、がんの映像も細胞も発見されなかったのです。 マサミ

 

【関連記事】

父と息子、それぞれのがん体験記を綴っていきます

食道がんの初期症状はトンカツやパンが詰まることから始まった

ステージ4、余命3ヶ月の食道がんが健康診断で発見された

父の食道がんは検査の結果、ステージ4の扁平上皮癌であることが判明

手術できない食道がんの治療は放射線と化学のサンドイッチ療法

がんから生還した人達に直接電話で質問、自分でできる事は何でもやった!

がんの入院治療中に健康食品(サプリメント)の許可を得て飲むと驚きの現象が!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2019 All Rights Reserved.