あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

がんの入院治療中に健康食品(サプリメント)の許可を得て飲むと驚きの現象が!

2019/11/07
 
看護師さん
この記事を書いている人 - WRITER -

父の手術できない食道がん放射線化学療法によるサンドイッチ療法で対応することになりました。

 

お医者様は全力を尽くすが、がんを消すことはできないとおっしゃいます。

 

しかし私は、健康食品(サプリメント)で難病を克服された方たちの「生の声」を聞いて、治療と健康食品(サプリメント)の併用なら病院が予測する以上の結果が出せるのではないかと考えました。
詳しくは がんから生還した人達に直接電話で質問、自分でできる事は何でもやった! をご覧ください。

 

このページは食道がんの入院治療中に病院内で健康食品(サプリメント)を飲む許可を得て、父が健康食品(サプリメント)使用した当時の状況を書いてみました。

スポンサーリンク

食道がんの入院治療中に健康食品(サプリメント)の使用許可を得た!

さて、いよいよ父一人を病室に残しての入院治療が始まります。

 

今までは検査入院だった事と、自宅に近いCH病院だったために毎日、病院に顔を出しては父に健康食品(サプリメント)を飲ませていました。ところが、明日からは父一人になります。

 

入院中に父が健康食品(サプリメント)を飲んでも大丈夫だろうか?お医者様や看護師さん、同室の患者さん達に見とがめられて健康食品(サプリメント)を飲むのを止められはしないかと懸念しました。

 

そんなことになったら、せっかく情報をかき集めてもくろんだ、病院治療と健康食品(サプリメント)の“良いとこどり”ができなくなってしまいます。

 

また、父は病院側に隠れて健康食品飲まなければならない事を潔しとしないだろうし、父にコソコソと隠し事をさせるのはかわいそうです。

 

ところが、そんな心配は見事に吹っ飛びました。

スポンサーリンク

 

私はなんとしても父の命をがんから救いたい一心で、父に健康食品(サプリメント)を飲ませても良いかと先生にお願いしてみました。

 

すると「同室(6人部屋)の患者さんたちは、ほとんどの方が何らかを飲んでみえますよ」ということでした。

 

治療しても父のがんが消せない事を百も承知の先生は、病院内で健康食品を飲むことをいとも簡単に承諾してくれたのでした。

 

ただし、「他の患者さんの手前、あまりおおっぴらにはしないでください」と念を押されました。

 

直ぐに、病室に戻り、父に病院の承諾を受けた事を話して、健康食品(サプリメント)の飲む量を増やすように指示しました。

父の身体は強い抗がん剤と大量の放射線の副作用に負けていない

いよいよ、最も強い抗がん剤と強い放射線を照射するサンドイッチ療法が始まりました。

 

しかし、私が「生の声」を集めて確信を得た健康食品(サプリメント)の飲み方をしている父は、最大量の放射線と最強の抗がん剤を使用したにもかかわらず、髪もほとんど抜け落ちません。がんの部位こそ違え、同室の方々は一様に髪が抜けてグッタリしてみえます。

病院長の回診時のエピソード

当時、父が入院したG大学医学部附属病院では一月に一回、病院長がお医者様やインターンを引き連れて患者の病室を見て回る「大名行列」と称される回診がありました。

 

まるで、一昔前のテレビドラマ「白い巨塔」の世界ですね。(苦笑

 

父たちがん患者の病室も例外ではありません。(未だ、父にガンだとは話していません。放射線治療を受ける患者の病室だと言ってあります)

 

この時、インターンと思しき人が父を見て「この人は、髪の脱毛もなく、皮膚も(放射線の照射で)ただれていない。それに、なぜこんなに元気なのですか?」 と質問をしたそうです。それに対して院長は「この人は、特異体質です。」と答えていたと後日、見舞いに行った時に父が笑って話してくれました。

父の食道がんの症状と入院生活のようす

父の場合は、治療の副作用で白血球数の値が少し下がりはしたものの、感染症を心配するほどでもなく、(治療を)中断しなければならない事態には至りませんでした。

 

そして治療前に「お父さんが治療で苦しんだら、がんであることをお話しします」と心配してみえた担当医の懸念もどこ吹く風のようです、後日、父のがん寛解が判明した時に、あれほどの荒療治をしたにも拘わらず、治療を中断せずに完遂できたことを正直、とても驚いてみえました。

 

連日、父は4階にある6人部屋から地下の放射線治療室まで、エレベーターを使わずに、運動を兼ねて階段を降りていきます。さらに、放射線治療が終わった後は、地下室から部屋への直帰ではなく、いったん屋上まで階段を登っていき、外の空気を吸って一休みしてから部屋に帰っていました。

 

階段や廊下ですれちがう看護師さんや先生たちから(大学病院ですから父の病状を知っている先生が多数みえます)「Mさんは、ほんとに元気やね」などと言われると笑って話してくれました。

 

食欲に関してはさすがに少し落ちて「おいしくない」と言っていましたが、他の患者さんたちのように吐いて戻すような事は一度もありません。それで、「まずくても、食べれるのだったら、体力維持のためにエサだと思って食べて」と父にお願いしました。また治療効果が出ている為か、入院前のように食事が痞える事が無くなったようです。

 

重複しますが同室の患者さんたちは、髪は抜け、 白血球数が3000を切ってしまって治療の中断をしたり、食欲は減退、せっかく食べる事が出来ても吐いて戻してしまったりしてグッタリしてみえます。

がんの入院治療中に健康食品(サプリメント)の許可を得て飲むと驚きの現象が!のまとめ

入院加療中にも父は病院内で健康食品(サプリメント)を飲むことを認めていただけました。

 

そのおかげか、最大量の放射線と最強の抗がん剤を使用した荒療治にもかかわらず、髪もほとんど抜けず、食事を戻すことも無く、治療を中断しなければならないような白血球の低下の副作用も起きません。

 

毎日、運動の為に階段を上り下りして病院内の人たちを驚かせています。

 

また、治療効果が出ている為か、入院前のように食事が痞える事が無くなったようです。 マサミ

 

【関連記事】

父と息子、それぞれのがん体験記を綴っていきます

食道がんの初期症状はトンカツやパンが詰まることから始まった

ステージ4、余命3ヶ月の食道がんが健康診断で発見された

父の食道がんは検査の結果、ステージ4の扁平上皮癌であることが判明

手術できない食道がんの治療は放射線と化学のサンドイッチ療法

がんから生還した人達に直接電話で質問、自分でできる事は何でもやった!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2019 All Rights Reserved.