あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

多治見市 コッツのサンドイッチとクリームパンがPS純金で紹介された

WRITER
 
コッツ kottu 多治見市 やさしいクリームパン 岐阜県
この記事を書いている人 - WRITER -

多治見市 「コッツkottu」というパン屋さんの「やさしいクリームパン」と野菜や果物がたっぷり入ったサンドイッチなどがPS純金ゴールド)で紹介されました。

 

そこで「コッツ・kottu」がPS純金で紹介された放送内容と、独自に調べた「コッツ・kottu」の特徴所在地営業時間アクセス方法、クリームパン以外のメニューや食べログでの評価をあなたとシェアしたいと思います。

 

「コッツ・kottu」を訪れる際の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

多治見市のコッツさんの特徴

コッツさんは多治見ではハチパンと並ぶ有名なパン屋さんで、サンドイッチとクリームパンが人気のお店です。

 

コッツさんのサンドイッチは、ソーセージとハム以外の全ての具材が手作りです。

 

保存料等も一切使用していないので、サンドイッチなどは当日中に食べるようにしてください。

 

今回のPS純金でコッツさんが紹介された反響は大きく、コロナ禍ということも有り、コッツさんのサイトには下記のメッセージが表示されていました。

遠方からのご来店はもうしばらく、お待ちください。

10年営業しています、今後もどこにも行きません。

もう少し落ち着いてから来ていただいても、変わらず美味しいパンを作ってお待ちしています。

https://kottu.jimdofree.com/より

PS純金が放送した多治見市 コッツ・kottuさんの番組内容

PS純金が放送した、コッツ・kottuさんの番組内容をテキストで残しておきますのでご覧ください。

 

今回のPS純金の企画は「あなたの町のコーヒーのおとも~庄内川編~」です。

 

当日の出演は高田純次さん、藤森慎吾さん、ゲストの青木源太さんでした。

 

ここから=============

 

PS純金のスタッフが庄内川の川沿いを歩いて多治見市に入り、年配の男性に何屋さんかもわからず、入ったこともないお店に案内された。

 

男性はコーヒーの“おとも”の意味がわからないと言う。

 

PSスタッフが近くにいた女性の二人連れに「『kottu・コッツ 』というパン屋さんがあるのですが、名物とかあるんですか?」と聞くと「サンドイッチ」 という答えが返ってきた。

 

フルーツや野菜のサンドイッチが有名らしい。

 

二人連れ:「有名よ、みんな並ぶよ」・・・と

コッツは多治見市でサンドイッチが評判のパン屋さん!?

ナレーション: コーヒーのお供を探しながら庄内川の源流を目指していたその途中、岐阜県多治見市でサンドイッチが評判のパン屋さんに出会いました

 

カメラが店内を映し出し、画面下には「パンとサンドイッチ KOTTU・コッツ(多治見市太平町)」の文字が出た。

 

藤森さん:「あっ、いい感じだね」 、「いいでしょう。ここ、なんかあるでしょう“おとも”」

 

スタッフはメニュー板に書いてある、人気サンドイッチランキングNo.1の厚焼き和玉子サンドに目をつけた。

 

オーナー:「賞を取ったんで。中部地区で準優勝」

 

青木さん:「へーっ、すごい!」

 

残っていたのは厚焼き和玉子サンドがショーケースの中にポツンと一つのみ。

 

藤森さん:「あら」

 

青木さん:「えーっ」

スポンサーリンク

多治見市 コッツは評判通りのサンドイッチが大人気のパン屋さんで爆買いのお客様も

 

ナレーション:改めてコッツをお邪魔してみると、評判通りのサンドイッチが大人気のパン屋さんでした。

 

お店の入り口には、すでにお客さんが並んでいます。

 

カメラがコッツの店内に入っていくと

 

藤森さん:「あーっ、すごい、すごい」

 

青木さん:「確かに賑わってるな」

 

高田さん:「あっ、すごいね」

 

藤森さん:「ここはあるでしょう。何か“おとも”」

 

レジにはトレイに山盛りのサンドイッチを乗せたお客様が!

 

青木さん:「わーっ、すごい(量を)買っていく」

 

画面下に「サンドイッチは早い者勝ち」とテロップが出た。

 

高田さん:「嘘だろう」

 

藤森さん:「買うねー」

 

場面は変わって、PSスタッフがお店の外でお客様に訪ねている。

 

画面の左上には「PS純金 源流水でコーヒーを作る旅 庄内川編」、右上には「多治見市 売り切れ必至 寝ずに作る行列サンドイッチ」とテロップが出ている。

 

PSスタッフ:「何を買われたんですか?」

 

お客様:「これ、美味しそうだったから」と『フルーツたっぷりしろくまサンド440円』を袋から出して見せてくれた。

 

高田さん:「440円なら安いね」

 

青木さん:「フルーツ、これだけ入ってますもんね」

 

藤森さん:「美味しそう」

 

お客様:「これが、アボカドサンド 」と言ってアボカドサンド420円も見せてくれる。

 

青木さん:「うわー、すごいね」

 

藤森さん:「おいしそうだ!」

 

PSスタッフ:「パン結構買われましたね」

 

別のお客様:「ここのパンを食べたら、よそのパンは食べられない。うっ、ふふふ」、「サンドイッチも美味しいし。全部おいしい、パーフェクト!」

 

高田さん:「ワッハッハッハッ」

 

上記と同じお客様:「なくてはならない大切なパン屋さんなんです」。「娘と孫にゴマすれますしね」

 

青木さん:「なんか、ここの店行ってみたいな」

コッツ・kottuのオーナーは泊まり込みで仕込みをする

画面は変わって、店の外へ出たオーナーさんが自動販売機でモンスターエナジーを買ってきた。

 

オーナー・今井さん:「早い時だと完売して閉まっちゃったり、大体午後3時~4時に完売して・・・」

 

PSスタッフ:「閉店後は次の日の仕込みをする?」

 

オーナー:「ずっと、今から仕込みをやっているんで」、「僕はもう、22時間、泊まり込みですよ。一週間」

 

PSスタッフ:「泊まり込み?」

 

藤森さん:「大丈夫?」

 

オーナー:「家、帰ってないですよ」

 

スタジオの三人:「エーッ!」

 

PSスタッフ:「何時に寝てるんですか?」

 

オーナー:「横になって1~2時間は寝ましたよね。死んじゃうんで」

 

画面は玉子サンドを大写しにして左に「寝る間も惜しんでこだわる大人気パン」、右には「多治見市 約50種類をほぼ一人で仕込む店主」のテロップが出る。

 

PSスタッフ:「1日にどれくらいパンは焼かれるんですか?」

 

オーナー:「200~300個ぐらいじゃないですかね」

 

画面には「焼きカレー180円」が映し出された。

 

高田さん:「焼きカレーね」

 

青木さん:「美味しそう」

 

画面にラクレットチーズフランスパン180円映し出されると

 

藤森さん:「あーっ、美味しそう」

多治見市 コッツではサンドイッチの具材もオーナーの手作り

ナレーション:生地にこだわり、具材にこだわり、コスパにこだわる。こだわりすぎて寝る間が無い

 

「サンドイッチの具材作りも担当」とテロップが出る。

 

PSスタッフ:「これは何のソースですか?」

 

オーナー:「厚焼き玉子サンドのオリジナルソース。かつお風味の和玉子ソース」

 

PSスタッフ:「このソースがあることによってアクセントになる」

 

オーナーが和玉子ソースを食パン塗りながら「和食屋にもいた」と語る。

 

画面が和玉子ソースを塗った食パンに厚焼き玉子を乗せる場面を映すと

 

高田さん:「ワーッ、いい玉子の乗せ方だね」

 

さらにキュウリとレタスを乗せたサンドイッチを2つに切ると、厚焼き和玉子サンド 420円が出来上がる。

 

藤森さん:「うまそう」

 

青木さん:「うわー、おいしそう」

 

高田さん:「420円は安いなぁ」

 

次は kottuのカツサンドを作る場面が映し出された。

 

画面下には「オリジナルソースも使っている」とテロップが出た。

 

オリジナルソースは秘伝の玉ねぎソースだ。

 

藤森さん:「これは、うまそうだ」

 

画面いっぱいにkottuのカツサンド 460円が映し出される。

 

青木さん:「豪快だな」

 

高田さん:「カツサンドも安いな」、「これはうまいだろうな」

 

青木さん:「お腹いっぱいになりますよね。1個しか食べれないんじゃないかな」

多治見市 コッツのオーナーは手が抜けないので単身赴任!?

オーナー:「手を抜こうと思えば抜けるけど、美味しさを求めたらこうなってしまいます」

 

藤森さん:「素晴らしい」

 

PSスタッフ:「ずっと店にいるって事ですか?」

 

オーナー:「そうですね。もう後、次帰るのは土曜日の昼ですね」、「ねっ、京子さん(奥様)、次帰れるのは土曜日の昼だよね」

 

奥様:「(主人は)単身赴任です」

 

高田さん:「ワッハッハッハッ」

 

PSスタッフ:「ご自宅って遠いんですか?」

 

オーナー:「あっとね、車で1分」

 

青木さん:「ワッハッハッハッ」

 

藤森さん:「帰ろう、帰ろうよ」

 

PSスタッフ:「お風呂はどうされてるんですか?」

 

オーナー:「お風呂は今から隙間を見つけてパッと入る」

 

PSスタッフ:「また、来る?」

 

オーナー:「また、帰って来るしかない」

 

ナレーション:完売を待たず仕込みを始め、次の日の朝まで、しかも一人で毎日サンドイッチの具材作り

パン生地は3回に分けて作る。食パンだけでも120斤。2回目のパン生地作りも同時進行

 

藤森さん:「一人ですごいな」

 

そして生地を練っている間に風呂へ・・・

 

高田さん:「嘘だろ」、「いやー、すごいね」

 

30分後に風呂を出て帰ってくる。

 

青木さん:「仕事が本当に好きなんですね」

 

高田さん:「大丈夫!?」

 

藤森さん:「大丈夫?身体?」

 

ひたすらパンと向き合うオーナー

 

高田さん:「いやー、すごいね」

 

ナレーション:美味しいパンを作るためとはいえ、ここまで頑張れるのには一人のお客さんとの絆の物語がありました

 

靴を履いたまま仮眠をとるオーナーの画面の下に「お客さんのため家に帰らない店主」 というテロップが出る。

 

場面は昼間のコッツの店内に変わった。

 

オーナー:「人気パンランキングでもクリームパンが1位」

 

藤森さん:「やさしいクリームパン」

 

画面のやさしいクリームパンを見て・・・

コッツ kottu 多治見市 やさしいクリームパン 岐阜県

岐阜県多治見市 コッツのやさしいクリームパン 170円

 

青木さん:「おぉー、スゴイ!」と手をたたく。

 

藤森さん:「わっ、これ、おいしそう。絶対食べたい!」

コッツのオーナーが単身赴任でパン作りに励む理由

ナレーション:お客さんのため、お店に泊まり込んでまでパン作りに励む店主さん、なぜそこまで頑張れるのでしょうか 

 

藤森さん:「体が心配だよ」 

 

オーナー:「うちのクリームパンが大好きなおじちゃんがいた。おじいちゃんが入院して食べられなくなった」。「うちのクリームパンが食べたい食べたいと言っていたんですけども娘さんが『もう食べれないから我慢しなさい』みたいな事を言っていて、もう危ないなーって時に、娘さんが買いに来てクリームパンの匂いだけでも嗅がせてあげたい」、「嬉しそうに臭いを嗅いで、嗅ぎながらそのまま亡くなっていった」と「娘さんがわざわざ言いに来てくださって、複雑だったけどやりがいはありましたね」

 

藤森さん:「グッときちゃったな、今」

 

カメラは店内の人気パンランキングのボードを映す。

 

PSスタッフ:「人気パンランキングでもクリームパンが一位なんだ」

 

オーナー:「(うちのクリームパンのクリームは)とろとろで飲めるぐらい」 

 

優しいクリームパン170円が画面いっぱいに映し出される。

 

高田さん:「形は昔ながらのクリームパンだ」 

 

藤森さん:「いいですね。おいしそう」

 

青木さん:「うわー、美味しそう」

 

ちっちゃな男の子がコッツのクリームパンを食べて「ふわふわ」と。

 

お母さん:「クリーム甘すぎないんですよね」、「しっこくなくて、いっぱい食べれるんだよね」

 

高田さん:「これは、うまいだろうな」 

 

藤森さん:「ご主人がね、こだわって、こだわって作ってる、あの、寝ずに。絶対これ、体の限界超えてますよ」。「身体が心配だよ」「ありがとうございますお父さん」 

 

=============ここまで

 

スポンサーリンク

多治見市 のコッツの放送内容を見た筆者の感想

コッツさんのコーナーの最後に「やさしいクリームパン」が大好きなおじいちゃんの話があって、私も藤森さんと同じく胸にグッと来るものを覚えました。

 

しかし、あの話だけがコッツのオーナーをパン作りに突き動かしているのでは無いと思うのは私だけでしょうか?

 

あの話以前に、オーナーがパン作りが好きでなければ、おじいちゃんが大好きなクリームパンなんてできるはずがないと思います。

 

またコッツのオーナーは連日、お店に泊まり込んで仕事をするのも他に理由があると考えるのですがうがった見方でしょうか?

 

しかし今回、コッツさんのサイトを視てみたら、定休日が毎週日曜日と月曜日の2日になっていたので少し「ホッ」としました。

 

いかなる理由があるにしろ、無理をして身体によいはずが有りません。

 

若いうちは何とか無理が効いても、加齢とともに不具合が生じてきます。

 

コッツのオーナー・今井さん、十分にご自愛ください。

 

コッツさんのサイトはこちら→https://kottu.jimdofree.com/

コッツ・kottuの所在地、営業時間と定休日やアクセス、メニュー

岐阜県多治見市 コッツの所在地、営業時間と定休日やアクセス方法、食べログでの評価をお知らせします。

多治治見市 コッツの所在地、営業時間、定休日

●店名 :KOTTU (コッツ)
●電話:0572-24-4456
●予約可否 :
●所在地:多治見市太平町2-5-1サンハイツ太平102 太平公園前
●営業時間:10:00~18:00(売り切れ次第閉店)
●定休日:毎週日曜日・月曜日 ※祝日は営業(月曜日の場合はお休み)

コッツへのアクセス方法

<●お車or●公共交通機関が便利です>

【鉄道でのアクセス】
●JR中央本線(名古屋~塩尻) / 多治見駅 徒歩14分(1.1km)
●JR太多線 / 小泉駅 徒歩26分(2.1km)

【バス停からのアクセス】バス停からのアクセス
●多治見市バス 共栄・明和ルート 総合福祉センター・太平公園 徒歩4分(260m)

【お車】
●駐車場あり。店東側共同駐車場

コッツ近辺の地図

コッツの近辺の地図です↓
コッツ・kottu

 

コッツ・kottuのメニューと食べログでの評価

コッツさんの主なメニューと食べログでの評価をお伝えします

コッツのメニュー

【サンドイッチ】
●フルーツたっぷりシロクマサンド  ¥440(税込)
●厚焼き和玉子サンド  ¥420(税込)
●KOTTUカツサンド ¥460(税込)
●人参サンド ¥400(税込)
●アボカドサンド  ¥420(税込)
●大エビフライドック ¥460(税込)
柚子チキン南蛮サンド  ¥440(税込)
思いっきり野菜サンド  ¥400(税込)
塩麹チキンとかぼちゃのナッツソースサンド ¥420(税込)
ポテトサラダサンド ¥400(税込)
生ハムと野菜のマリネサンド ¥420(税込)
ハム玉子サンド ¥400(税込)
ハム玉子サンド ¥400(税込) など、他にも有ります

【菓子パン】
●クリームパン ¥170
●あんぱん ¥170
●こしあんぱん ¥170
●元祖メロンパン ¥170
●メープルあんドーナツ ¥170
●ごまあんドーナツ ¥170
●カレードーナツ ¥170
●シナモンシュガードーナツ ¥120
●ツオップ(大きなレーズンパン) ¥270
●シナモンレーズンパン ¥190  など、他にも有ります

●その他、バケット(フランスパン)やソフトフランスなど多数あります。

コッツ・kottuの食べログでの評価

コッツの食べログでの評価は 3.50 です。(2021年1月現在)

多治見市 コッツのサンドイッチとクリームパンがPS純金で紹介されたのまとめ

多治見市のコッツというパン屋さんの「やさしいクリームパン」と野菜や果物がたっぷり入ったサンドイッチなどがPS純金で紹介されました。

 

そこでコッツがPS純金で紹介された放送内容と、独自に調べた「コッツ・kottu」の特徴や所在地、営業時間やアクセス方法、クリームパン以外のメニューや食べログでの評価をあなたとシェアしたいと思います。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 マサミ

 

よろしければ、下の関連記事もご一読ください。

 

【PS純金 源流水でコーヒーを作る!絶品おとも探し旅 庄内川編の関連記事】
coco de cafeのキャノンドッグとイチゴ丸ごと1パックパフェがPS純金で紹介?

瑞浪市 Tea stand Robのふわふわパンケーキ使用のパンどらがPS純金で紹介

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2021 All Rights Reserved.