あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

石毛魚類(千葉市)は、鯛の煮つけ9切れ410円のオモウマイ店!場所やアクセス

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

千葉市若葉区にある有限会社 石毛魚類さんが9月28日放送のオモウマイ店紹介されました。

石毛魚類さんは千葉市千城台に本店を構える、銚子港で水揚げされた高級鮮魚を、リーズナブルなお値段で販売する鮮魚店です。

そこで、石毛魚類さんがオモウマイ店で紹介された放送内容と独自に調べた石毛魚類さんの特徴口コミ所在場所等の店舗情報メニューお値段、食べログでの評価をあなたとシェアしたいと思います。

石毛魚類さんを訪れる際の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

千葉県千葉市の石毛魚類の特徴

有限会社 石毛魚類さんは、千葉市内に3つの鮮魚店と1つの加工所を有してみえます。

石毛魚類さんは、むかしどこの町にもあったような魚屋さんの大規模場なお店。

安くて新鮮な鮮魚、刺身の盛り合わせ、魚の煮付け、焼き魚などがズラリと並んでいます。

石毛魚類さんの鮮魚の保冷ケース後ろには、調理台があり、魚をさばく調理人がズラリと並んで、お客様のリクエストに対応してくれるサービスもあり、魚を捌くのが苦手という人には嬉しいお店。

激安な目玉商品が日替わりであるうえに、仕入れた鮮魚を、その日のうちに売り切ってしまうために閉店間際には特大アサリ1パックが380円から200円に値下げされたりもします。

そのため石毛魚類さんは、魚が飛ぶように売れ、いつ行っても仕入れたばかりの新鮮な鮮魚が安く買えるという好循環が生まれています。

鯛の煮つけ 9切れが410円、銀さけ 4切れは250円、アジ 1尾が88円、鯛半身380円など激安価格です。

寒ブリのカマは800グラムで280円、カンパチのアラも500グラムで380円など、こちらも激安。

この店の特徴は結構大きいパックが売れていることです。

例えば、普通スルメイカなどは、今日食べる分だけの1~2杯入った小さなパックが良く売れるのですが、石毛魚類ではイカが5~6杯入っている大パックが飛ぶように売れているのです。

売り場は活気に満ち、大きな声が飛び交い、手書きのPOPの勢いも凄い、毎日が「お祭り!」と言った感じの鮮魚店です。

今回のオモウマイ店の放送では、こんな元気な魚屋さんの様子が久し振りに見えるかと思うと、楽しみで仕方がありません。

石毛魚類の口コミ・評判は?

石毛魚類のこれはうまいシールのお魚は本当に美味しい

とびきり新鮮な魚介類がお安い!威勢の良い店員さんが賑やかで活気があります。
飲食店の大将も買い付けにきます。
これはうまいシールのお魚は本当に美味しいですよ。
出典:www.google.com 訪問:2020/1/30(木)

石毛魚類は安くて美味しいお魚が買えるお店!さらにプライスダウンも!

安くて美味しいお魚が買えるお店!仕事帰りだとさらにプライスダウンしてくれますが 種類も少ないから 休みの日にわざわざ車で行きます??今日も〆鯖、大きな刺身用ホタテ貝柱、イカ2はい、あさり、サバ文化干し、しらす これで二千円ほど。
出典:www.google.com 訪問:2021/3/1(月)

石毛魚類は安い!

スポンサーリンク

オモウマい店が石毛魚類さんを紹介した放送内容

オモウマい店が石毛魚類さんを紹介した放送内容をメモっておきますのでご覧ください。

当日の出演は、ヒロミさん、小峠英二さん、EXILEのTAKAHIROさん、西山茉希さんでした。

 

ここから=============

ナレーション:話は変わり、続いてはオモウマい魚屋さん

オモウマい魚屋さんは、千葉県千葉市の石毛魚類さん。

調理場で作った愛媛県産マダイの「たいカブト煮」は9切れ入って380円!※仕入れによって値段は変わります

お客様:「よく来る」「刺身が食べたくなったらこ、こ」「一番だね」

カンパチの4切れ、中トロ4切れ、大トロ8切れ、イカ4切れ、数の子4本、タイ4切れの刺身の盛り合わせが1706円!

ヒロミさん:「安っすいな」

北海道産のホッケ4枚で398円!

刺身用のアジが105円!

小峠さん:「安いね~」

千葉県産の天然ブリ1本をヒロミさんは3000円と予測するも1058円!

男性客:「こんなの250円で売っている店なんてない」と言いながらサケの切り身4枚がパックに入ったのを見せてくれた。

男性客:「ケタ違いなの」「桁違い、この店」「内容が全てにおいて」

石毛魚類が安い理由は、大衆業は儲けてはいけないという、お客様との約束事があるから

社長の石毛賢一さん:「安く売る理由は、先代・先々代から大衆業は儲けてはいけないという、お客様との約束事があると教えられた」

TAKAHIROさん:「かっこいいですよね」「なかなか言えないですよね」

ナレーション:値段も鮮度もすごい!でも、それだけではありませんでした

石毛魚類には売り担当の遠藤さんがいる

俺は売り担当と言う店員の遠藤さんはこの道40年。

威勢のいい声出しがお店に活気を呼んでいる。

ヒロミさん:「出てんな~、声」「目に入ったもの全部、言うんだろうね」

最初は恥ずかしかったが、今は楽しいと言う。

遠藤さんは、この仕事が大好きだと言う。

ナレーション:オモウマイ!店員さんの活きもいい魚店

石毛魚類の遠藤さんは夏はうなぎの実演販売

遠藤さんは、毎年夏はお店の横のテントでうなぎを焼いて実演販売を行っている。

実演販売中はお店での声出しに行きたいができない。

(お店へ)行きたくて、行きたくてうずうずしている。

遠藤さん:「行きたいなー」「いいなあー」

オモウマスタッフ:「なんでいつも遠藤さんが鰻を焼いているんですか?」

社長:「遠藤さんうまいんですよ、うなぎ焼くのが」「ゆっくり丁寧で」

ナレーション:遠藤さんがうなぎを焼くのがうますぎました

うなぎのタレは、こだわりの3度づけ。

西山茉希さん:「おいしそ~う」

TAKAHIROさん:「つい、美味しく焼いちゃうんでしょうね」

ヒロミさん:「うまいけど高いよ」

愛知県産のうなぎの蒲焼が2030円!

ヒロミさん:「えーっ、安い!」「安いよ」

(3日目・お店へ)行きたくて行きたくてうずうずしていた遠藤さんがついにお店の中へ入っていった!

威勢の良い売り声が店内に響き渡った!

オモウマスタッフ:「やっぱこっちの方が楽しいですか?」

遠藤さん:「こっちの方が楽しい」と、生き返ったかのよう。

ナレーション:遠藤さん、来年の夏も頑張ってください

=============ここまで

 

オモウマい店の石毛魚類さんの放送内容を見た筆者の感想

石毛魚類さんの先代、先々代からのお客様との約束、「大衆業は儲けてはいけない」と教えられた約束を守ってみえたから今があるのでしょう。

どの町の魚屋さんも、今や大手スーパーの進出によって無くなってしまいました。

便利にはなったけど、値段も鮮度もいまいち。

もし、自分の町に石毛魚類さんがあったら、2日に1度は必ず行くだろうと思う。

新鮮な魚って、歯ごたえから違いますもんね。

刺身用のアジが買えるなんて、もう、最高です!

石毛魚類の所在場所、営業時間やアクセス方法やお店の外観と地図

石毛魚類の所在場所、営業時間やアクセス方法をお知らせします。

石毛魚類の所在場所、営業時間、定休日

石毛魚類は、千葉市内に3つの鮮魚店と1つの加工所を有しています。

鮮魚店のみのご案内をさせていただきます。

石毛魚類 千城台本店

●電話:043-237-0723
●住所:千葉市若葉区千城台西2-13-1
●営業時間:10:00~19:00
●定休日:水曜
●駐車場:有り(20台)

 

(有)石毛魚類 みつわ台店

●住所:千葉県千葉市若葉区みつわ台3-8-1
●電話:043-255-3120
●営業時間:9:30~19:00
●定休日:月曜日
●駐車場:有り(40台)

 

(有)石毛魚類 都賀店

●電話:043-232-1718
●住所:千葉県千葉市若葉区都賀3-4-1
●営業時間:9:30~19:00
●定休日:月曜日
●駐車場:提携駐車場有り

※コロナ禍のため、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。

石毛魚類 千城台本店へのアクセス方法

【モノレール】
●千葉都市モノレール2号線の千城台駅から436m

石毛魚類 千城台本店の外観と近辺の地図

石毛魚類 千城台本店のお店の外観です↓

石毛魚類 千城台本店近辺の地図はここをタップしてください。 グーグルマップが開きます。

石毛魚類のメニューとお値段、食べログでの評価

まずはメニューから・・・

石毛魚類のメニューとお値段

サワラ西京漬け 398円
鯛かぶと煮 410円
生イカ 280円
クロダイ 680円
生カキ1パック 168円
キングサーモン 4切680円
北海道産白子炙り 1パック580円
九州産あじ刺身 1パック580円
長崎産天然ぶり 4切398円
富山産生いか 1パック280円~

※他にも各種刺身の盛り合わせや煮魚、焼き魚など多数あり、タイムサービスがたびたび実施されて、破格のお買い得品が有ります。
※と・・・ある日の石毛魚類 千城台本店には1600人のお客様が来店、売れた魚は約5000匹で、この日に仕入れた1.5トンの魚を売り切るほどの人気店になっています。
※価格等は公開時の情報に基づいています。

石毛魚類の食べログでの評価

石毛魚類の食べログでの評価は 3.11 です。(2021年9月現在)

オモウマい店 2021年9月28日放送の番組予告

2021年9月28日放送の「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」の番組予告です。
【千葉】値段も元気もケタ違い鮮魚店!!鯛の煮つけ9切れ410円!売り場で声を出したい店員さん(この記事です)
【愛知】たぶん日本一安い!?そばランチ200円
【埼玉】行列中華!!番組ディレクター再びお手伝い!?8月に大事件

【MC】ヒロミ【進行】小峠英二【ゲスト】TAKAHIRO(EXILE)、西山茉希

スポンサーリンク

石毛魚類(千葉市)は、鯛の煮つけ9切れ410円のオモウマイ店!場所やアクセスのまとめ

千葉市若葉区にある有限会社 石毛魚類さんが9月28日放送のオモウマイ店で紹介されました。

石毛魚類さんは千葉市千城台に本店を構える、銚子港で水揚げされた高級鮮魚を、リーズナブルなお値段で販売する鮮魚店です。

そこで、石毛魚類さんがオモウマイ店で紹介された放送内容と独自に調べた石毛魚類さんの特徴や口コミ、所在場所等の店舗情報とメニューやお値段、食べログでの評価をあなたとシェアいたしました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 マサミ

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2021 All Rights Reserved.