あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

胃がん治療のために受ける大腸の内視鏡検査に関するリスク

2019/11/25
 
胃がん手術
この記事を書いている人 - WRITER -

本頁は胃がんの治療方針を決めるために行う大腸内視鏡検査に伴うリスクを記述しました。

 

前頁の第六話は、
胃がん手術を受ける病院の予約が取れたので、紹介状や診断資料を渡しておきたいと、がんを発見したホームドクターから前日の1月7日に電話が入りました。

 

翌朝の診察を受けてからがんについて質問してもホームドクターで得た以上の情報は出てきません。

 

後日受ける予定の大腸内視鏡や血管造影剤検査にリスクがあるという事で、説明書と同意書を受け取って帰宅しました。

詳しくは 長期休暇が明けてやっと胃がん手術を受ける病院へ診察に行く をご覧ください。

スポンサーリンク


今は1月9日、夕方の7時30分です。

 

たった今、明日の大腸検診を受けるために病院へ持参する同意書を書き終えたところです。

大腸の内視鏡検査のリスクについて

同意書を書く前に読んだ大腸の内視鏡検査におけるリスクの説明書に書いてある内容をあなたとシェア致します。

 

病院からいただいた検診の同意書に添付されていた説明書によると、大腸の内視鏡検査の二大リスクはポリープの切除に伴う穿孔(穴があくこと)と出血らしいのですが、確率的には0.04~0.07パーセント位の頻度で起きる事故らしいです。

 

上記の確率には、主にポリープなど内視鏡による手術的処置も含まれていますから、検査そのものの安全性はかなり高いという論評の説明になっています。

スポンサーリンク

 

そして大腸カメラでの死亡率は、およそ11万人にひとりの割合だということです。

 

 

その他の大腸内視鏡検査のリスクとして麻酔事故、落下、ガス爆発、機械の故障、鎮痙剤の副作用などが書いてあえいました。

 

余談ですが、私の親戚で大腸の内視鏡検査の途中、一時的に機械が動かなくなったという経験をした人がいます。(原因が何で、どのように回復したのか判りませんが、怖いですね)

 

 

今回の私の大腸の内視鏡検診の目的は、胃の手術をする価値の有無を判断するための検査です。

 

大腸などへのがん転移が酷ければ、手術をあきらめて抗がん剤の投薬による内科的療法にせざるをないということになるそうです。

 

大腸の内視鏡検診の前日は消化の良い夕食を食べてくださいということなので、今夜の夕食として7時までに味噌煮込みうどんを食べ終え、同意書を書き終えたところです。

 

これ以降は、検査が終わるまでの間、水分以外は絶食となります。

胃がん治療のために受ける大腸の内視鏡検査に関するリスクのまとめ

胃がんの手術を受ける以前に他の部位への転移の有無を調べなければなりません。

 

大腸などへのがん転移が酷ければ、手術ではなく内科的療法にせざるをないということです。

 

その為に受ける大腸の内視鏡検査の二大リスクは、ポリープの切除に伴う穿孔と出血で0.04~0.07パーセント位の頻度で事故が起きるとのこと。

 

いずれにしても、大腸の内視鏡検査を受けなければ治療が始まらないのだから受けるほかには選択肢が無い。 マサミ

 

【関連記事】

父と息子、それぞれのがん体験記を綴っていきます

細胞診の結果、低分化型腺癌の胃がん告知を受ける

胃がん告知を受けたものの、病院が長期連休に入り検査も治療もできない

胃がん手術の病院選びと手術の方法(私の場合)

食欲旺盛で年越し、元旦ともに胃がんの自覚症状は皆無

胃がんでも京都へ初詣に行って美味しいものを食べたい!

長期休暇が明けてやっと胃がん手術を受ける病院へ診察に行く

【本頁】胃がん治療のために受ける大腸の内視鏡検査に関するリスク

 

父の末期食道がんの闘病記はこちらからご覧ください

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2019 All Rights Reserved.