あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

胃がん手術の後遺症、胃切除後症候群とダンピング症候群について

2020/01/07
 
胃がん手術
この記事を書いている人 - WRITER -

本頁は胃がん手術後遺症である胃切除後症候群早期ダンピング症候群後期ダンピング症候群ついて私の体験談を綴っています。

 

手術前にお医者様は手術のメリットは話してくれます。

 

しかし『胃切除後症候群』は通り一遍の説明に終わる場合が多く、どのくらい辛くて、苦しいかなどの説明はしてくれません。(経験の無いお医者様がほとんどなので具体的にお話ができないのでしょう)

 

胃の切除する部位や大きさによって違うとは思うのですが、考えられる範囲内での一通りの症例だけでも、もっと詳しく聞いておけばよかったと思い、ここに私の体験談を記します。

スポンサーリンク

胃切除後症候群の種類

胃は、食べ物を一時的にためおいたり、たんぱく質や脂肪の一部を分解したりするなど、消化吸収で大きな役割を果たしている臓器であることは、あなたもご存知の通りです。

 

当然、胃を大きく切除した後は、それらの機能の大半が失われてしまいます。

 

私の場合、胃の下部80%の切除ですから、当然、幽門部(胃と小腸の境)は無くなっています。

 

食べ物をためおく機能が有りませんから、食物が小腸にイッキに流れ込むため起こる、「ダンピング症候群」という全身症状に注意しなくてはなりません。

 

 

その他の胃切除後症候群として胃の上部の噴門部を切除した場合は、食べ物が食道に逆流しやすくなるため、「逆流性食道炎」が起こりやすくなります。

 

看護師さんからメッセージと胃の手術後の合併症と予防等の書類をいただいた

退院時に担当看護師さんから下記のお祝いメッセージをいただきました。

スポンサーリンク

下記はお祝いメッセージです。

担当看護師さんよりいただいた退院メッセージの画像

担当看護師さんよりいただいた退院メッセージ

 

上記の他にも「退院後の日常生活について」の注意書きや「退院療養計画書」、「胃の手術後の合併症と予防」などの資料をいただきましたので、その中の「胃の手術後の合併症と予防」から胃の下部を切除したダンピング症候群について書いてみます。

ダンピング症候群とは

食事のすぐあとに起こる早期ダンピング症候群と、2~3時間後に起こる後期ダンピング症候群があります。

 

早期ダンピング症候群の症状

食事を胃の中に貯える事ができず、急激に腸に流れてしまうために起こります。

 

食後5~30分で、冷や汗、動悸、めまい、しびれ、だるさなどの全身症状、腹痛や下痢、吐き気、嘔吐、腹部膨満などの腹部症状があらわれると書いてあります。

 

私の場合は、(早食いの癖が有るからか)食事の途中でも、時によって吐き気を覚えて嘔吐をしたりもしました。

 

また、食後には腹痛や下痢、嘔吐腹部膨満があらわれてトイレへ駆け込んだことも有りました。

 

具体的には別頁に記載したいと思いますが、一番困ったのは、仲間と外食をした時になどに食事の量の判断が狂ってしまい、ついつい食べ過ぎて、食べてる最中に腹部膨満を感じはじめる事でした。

 

そして、膨満感が腹痛となり、場合によってはトイレに駆け込まなければならない下痢だったり、嘔吐をして何とか堪え忍ぶというものです。

 

その時のお腹の痛み方は、口中に生唾が出てくる『ジワリ・・・』という、なんとも嫌な痛みで、一時は胃を切除をした事を後悔したことも有ります。

後期ダンピング症候群の症状

腸へ急激に食物が流れ込むと、消化吸収されて血糖が急上昇します。

 

上昇した血糖を抑えようとインスリンが過激に分泌されるために、食後2時間~3時間で、頭痛、脱力感、ひや汗、めまい、脈や呼吸が速くなるなどの低血糖症状が起きると書いてあります。

 

私に場合は、常用しているサプリメントのおかげか、軽いめまい(たぶん、ダンピング症候群ではなく貧血による立ちくらみがほとんど)を体験しただけで済みました。

ダンピング症候群の予防法

早期、後期、どちらのダンピング症候群も予防法は同じ、食事の仕方に注意するように書いてあります。

 

※よく噛んで少しずつ食べましょう。(1食30分以上を目安にゆっくりと・・・)

※ゆっくり飲み込みましょう。

※食事中の水分は控えましょう。(水分は食前または食後に・・・)

※食後30分は安静にしましょう。(直ぐに横にならずに座ったままで過ごしましょう)

※極端に冷たいものや熱いものは避けましょう。

※低血糖時に備えて飴などを持ち歩きましょう。

などが注意事項として書いてあります。

 

胃がん手術の後遺症、胃切除後症候群とダンピング症候群についてのまとめ

胃切除後症候群には、胃の下部を切除したダンピング症候群と、胃の上部を切除した逆流性食道炎などがあります。

 

私の体験は、胃の下部を切除したダンピング症候群なのですが、腹部の膨満感が痛みに変わり、その痛さは口中に生唾が出てくる『ジワリ・・・』という、なんとも嫌な痛みで、一時は胃を切除をした事を後悔したことも有ります。

 

私と同じ痛みを味合わなくても良いようにダンピング症候群の予防法も書いておきました。 マサミ

 

【関連記事】

父と息子、それぞれのがん体験記を綴っていきます

細胞診の結果、低分化型腺癌の胃がん告知を受ける

胃がん告知を受けたものの、病院が長期連休に入り検査も治療もできない

胃がん手術の病院選びと手術の方法(私の場合)

食欲旺盛で年越し、元旦ともに胃がんの自覚症状は皆無

胃がんでも京都へ初詣に行って美味しいものを食べたい!

長期休暇が明けてやっと胃がん手術を受ける病院へ診察に行く

胃がん治療のために受ける大腸の内視鏡検査に関するリスク

胃がん治療前に受けた大腸の内視鏡検査の痛い体験談

痛かった大腸内視鏡検査の結果は転移も無く食事もアルコールもOK

胃がんの手術前検査で大腸内視鏡検査の次に受けた検査項目と目的

胃がん手術を受ける3日前に風邪で発熱 !体調管理に失敗!

胃がん手術の前日にもう一度、胃カメラで検査する

胃がん手術の説明を執刀医と麻酔科医から受けた 診療行為説明書の画像有り

胃がん手術の入院期間は何日なの?入院初日の生活と一日のスケジュール

胃がん手術の当日の様子と術後の痛み

胃がん手術の翌日にはICU(集中治療室)から車いすで個室へ移動

胃がん手術から退院までの排尿、排便などの体調変化と運動や病院の食事

胃がん手術後に退院してからの体調、運動、食事について

胃がん手術後の病院内の食事メニュー 画像付き

【本頁】胃がん手術の後遺症、胃切除後症候群とダンピング症候群について

胃がん手術後の半年間に体験した貧血や下痢等の後遺症と対処法について

胃がん手術後の定期検診による経過観察を約4年半で終了

 

父の末期食道がんの闘病記はこちらからご覧ください

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2019 All Rights Reserved.