あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

胃がん手術後の定期検診による経過観察を約4年半で終了

2019/12/13
 
胃がん手術
この記事を書いている人 - WRITER -

本頁は胃がん手術を受けてからの定期検診による経過観察の終了を約4年7ヶ月後に勝ち取るまでの経緯について綴りました。

 

前項の 胃がん手術後の半年間に体験した貧血や下痢等の後遺症と対処法について もあわせてご覧いただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

胃がん手術を受けてから半年間は月一回の定期検診

胃がん手術を受けた2014年2月から9月までの半年間は、毎月一回の定期検診による経過観察を行ってきました。

 

最初のうちは血液検査はもちろん、血管造影剤の注入無しと注入後の二回のCT撮影だけでなく、レントゲン撮影や内視鏡による検査も有りました。(血管造影剤を注入すると、胸のあたりからボヮッーと熱くなって不安をおぼえたり気持ちが悪くなる人がいるようです)

 

 

しかし経過観察でどこにも異常が無い状態が続くと、血液検査と血管造影剤の使用無しと使用しての二回のCT撮影だけに変わっていきました。

胃がん手術後の定期検診は最終的に年に一回に

2014年の9月以降は11月と2015年の1月の2ヶ月に一回の定期検診を2回の受けました。

 

その後の2015年は5月、8月、11月と約3ヶ月に一回の定期検診でした。

 

2016年は2月、5月、8月と三回の経過観察を受けるにとどまりました。

 

翌2017年は2月と8月に年二回の経過観察を受けた後、年に一回となりました。

 

そしてついに2018年8月に定期検診による経過観察終了の承諾をいただきました。

スポンサーリンク

 

胃がん手術から約4年7ヶ月が経過しています。

最終の定期検診で経過観察の終了を勝ち取った経緯

2018年8月31日に胃がん手術後の経過観察の終了を勝ち取った経緯を記してみます。

 

8月28日の21時以降は明日の定期検診を受けるために絶食です。

 

翌29日は朝ごはんも食べずに病院へ行って、受け付け開始20分前から並びました。

 

一応、10時半の受診予約は入れてあるのですが、その前に血液検査とCTの撮影を受けねばならないからです。

 

血液検査と2枚のCTを撮ってから待つこと2時間余り。

 

12時過ぎにやっと名前を呼ばれて診察室に入りました。

 

担当のお医者様に1年ぶりの挨拶をした後、2~3つの問診を受けて大事ないことを告げました。

 

翌々日の8月31日に検査結果を聞きに再び病院を訪れました。

 

「一昨日に受けてもらった血液検査とCT画像の結果は異常無しです」と先生。

 

続けて「今までの流れから言って再発も転移も無いようですが、通常はがんの場合、手術後5年の経過観察をするのですが次回はどうしますか?」と尋ねられました。

 

5年と言えば来年の2月です。

 

私は「2017年から2018年にかけて、せっかく1年に1回の経過観察にしてもらったのに、受けなければいけませんか?」とお尋ねしました。

 

すると「いや、無理にお勧めはしませんよ」と言われたので、経過観察は今回で終了という事にしてもらいました。

 

そこで、今後の胃がんの再発や転移に関する健康診断をどのようにしたらよいか尋ねてみました。

 

まず、胃のバリュウム検査はできない・・・ということでした。(80%も切除したのですから当然です)

 

バリュウム検査の代りに2~3年ごとに胃カメラを飲んでくださいということです。

 

そして、大腸がんに関しては検便で対応してくださいとのことでした。

 

検査はこの病院でも受け付けるし、他の病院でも良いという事でした。

 

しかし、残念なことに保険適応になるのか、100%自費なのかを聞き忘れてしまいました。

 

でも、今日で今回の胃がん手術による一連の治療や検査が終了したと思うと一安心です。

 

 

術後すぐに緑膿菌に、退院間際にはインフルエンザに感染と、二度の院内感染に侵されたにもかかわらず、サプリメントのおかげもあって、大事無く無事に胃がん手術と予後を乗り切れたことに本当に感謝です。

 

今後は、この「生かされた命」を大切にして、社会のために少しでも役立ちたいと考える今日この頃です。

 

これらの情報が、あなたやあなたのご家族のお役に立てば幸いです。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

胃がん手術後の定期検診による経過観察を約4年半で終了のまとめ

胃がん手術を受けてから半年間は月一回の定期検診を受けました。

 

それが2ヶ月に一回、3ヶ月に一回、年に二回、年一回となり、ついに胃がん手術から約4年7ヶ月後には定期検診による経過観察が終了しました。

 

私は一回の検診で二回もCTを撮る定期検診をたとえ一回でも減らしたかったのです。 マサミ

 

【関連記事】

父と息子、それぞれのがん体験記を綴っていきます

細胞診の結果、低分化型腺癌の胃がん告知を受ける

胃がん告知を受けたものの、病院が長期連休に入り検査も治療もできない

胃がん手術の病院選びと手術の方法(私の場合)

食欲旺盛で年越し、元旦ともに胃がんの自覚症状は皆無

胃がんでも京都へ初詣に行って美味しいものを食べたい!

長期休暇が明けてやっと胃がん手術を受ける病院へ診察に行く

胃がん治療のために受ける大腸の内視鏡検査に関するリスク

胃がん治療前に受けた大腸の内視鏡検査の痛い体験談

痛かった大腸内視鏡検査の結果は転移も無く食事もアルコールもOK

胃がんの手術前検査で大腸内視鏡検査の次に受けた検査項目と目的

胃がん手術を受ける3日前に風邪で発熱 !体調管理に失敗!

胃がん手術の前日にもう一度、胃カメラで検査する

胃がん手術の説明を執刀医と麻酔科医から受けた 診療行為説明書の画像有り

胃がん手術の入院期間は何日なの?入院初日の生活と一日のスケジュール

胃がん手術の当日の様子と術後の痛み

胃がん手術の翌日にはICU(集中治療室)から車いすで個室へ移動

胃がん手術から退院までの排尿、排便などの体調変化と運動や病院の食事

胃がん手術後に退院してからの体調、運動、食事について

胃がん手術後の病院内の食事メニュー 画像付き

胃がん手術の後遺症、胃切除後症候群とダンピング症候群について

胃がん手術後の半年間に体験した貧血や下痢等の後遺症と対処法について

【本頁】胃がん手術後の定期検診による経過観察を約4年半で終了

 

父の末期食道がんの闘病記はこちらからご覧ください

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2019 All Rights Reserved.