あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

オモウマい店がヘッケルン(東京都港区) の名物マスターとビッグプリンを紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

オモウマい店東京都港区老舗喫茶ヘッケルンを2021年6月1日放送で紹介するようです。

 

そこで、独自に調べたヘッケルンの特徴所在場所営業時間定休日アクセス方法メニューや食べログでの評価をあなたとシェアしたいと思います。

 

オモウマい店が公開しているヘッケルンの予告動画もご覧いただけます。

 

ヘッケルンを訪れる際の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

東京都港区 ヘッケルンさんの特徴遍歴

ヘッケルンさんは創業が1971年の東京メトロ銀座線の虎ノ門駅の近くの老舗喫茶店。

 

お店の外観と内装、名物マスターが三位一体となって昭和の雰囲気を醸し出しています。

 

入り口のドアには、「コロナ 負けるな」、店内には「寝るな!」とかの他、禁煙ステッカーの横に「タバコは3本まで」なんて張り紙があります。

 

マスターのトンチかな?根負けしたのかな?

 

ヘッケルンさんの名物はコーヒーとビッグプリン。セットで700円です。(下の動画も見てくださいね)

 

以前に紹介されたTV番組で吉永小百合さんが常連さんだとマスターが自慢していたそうです。

 

ヘッケルンの予告動画をオモウマい店の公式チャンネルからご覧ください

 

では、オモウマい店の公式チャンネルからヘッケルの予告動画をご覧ください

名物マスターがリズミカルに動いていますね。あれもパフォーマンス(サービス)なのかな?

 

東京都港区 ヘッケルンの所在地、営業時間やアクセス方法

 

港区 ヘッケルンの所在地、営業時間やアクセス方法をお知らせします。

 

東京都港区 ヘッケルンの所在地、営業時間、定休日

●店名 :ヘッケルン
●電話:03-3580-5661
●予約可否 :予約不可
●所在地:東京都港区西新橋1-20-11 安藤ビル1S
●営業時間:8:00~19:00 [月~金] 8:00~17:00 [土(第二土曜日を除く)] ●定休日:日曜日・祝日・第二土曜日
●公式サイト:

※コロナ禍のため、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。

 

東京都港区 ヘッケルンへのアクセス方法

【鉄道からのアクセス】

●都営三田線  内幸町駅(A3)  徒歩4分 290m
●東京メトロ銀座線  虎ノ門駅(出入口1)  徒歩4分 300m
●東京メトロ丸ノ内線  霞ケ関駅(C3)  徒歩6分 430m

 

【バス停からのアクセス】
●東急バス・東急トランセ 東98 虎ノ門一  徒歩3分 170m
●東急バス・東急トランセ 東98 西新橋二  徒歩3分 180m
●都営バス 渋88 西新橋一  徒歩4分 310m

 

港区 ヘッケルン近辺の地図

港区 ヘッケルンの近辺の地図です↓

 

スポンサーリンク

東京都港区 ヘッケルンのメニューと食べログでの評価

まずはメニューから・・・

ヘッケルンのメニュー

 

デザート

●ジャンボプリンセット 700円

●コーヒー・プリン セット 600円

●特製ジャンボプリン 350円

●アイスクリーム 400円

●ババロア(パイナップルソース) 400円 ※毎日あるか不明

 

お料理

●トースト 230円

●ジャムトースト 250円

●ハムサンド 380円

●ヤサイサンド 380円

●タマゴサンド 380円

●チーズトースト 380円

●ツナサンド 450円

※価格は2015年8月調べです

 

東京都港区 ヘッケルンの食べログでの評価

 

ヘッケルンの食べログでの評価は 3.64 です。(2021年6月現在)

 

オモウマい店 2021年6月1日放送の予告

2021年6月1日放送の「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」の予告は以下の内容です。

【神奈川】開けたら感動!玉手箱チャーハン
●【東京】踊るように動く77歳喫茶店主!名物ジャンボプリン(このページです)
●【茨城】放送後大反響!騒ぐんじゃねぇ!中華ママのその後・・
【静岡】サービス約6品付きラーメン550円

 

スポンサーリンク

オモウマい店がヘッケルン(東京都港区) の名物マスターとビッグプリンを紹介のまとめ

 

オモウマい店が東京都港区の老舗喫茶・ヘッケルンを6月1日放送で紹介するようです。

 

そこで、独自に調べたヘッケルンの特徴や所在場所、営業時間と定休日やアクセス方法、メニューや食べログでの評価をあなたとシェアいたしました。

 

オモウマい店が公開しているヘッケルンの予告動画もご覧いただけます。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 マサミ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2021 All Rights Reserved.