あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

名古屋市瑞穂区 昇福亭の天津台湾カレーラーメンがPS純金のやみつき飯で紹介

2020/10/09
 
名古屋市昇福亭の天津台湾カレーラーメン
この記事を書いている人 - WRITER -

名古屋市昇福亭しょうふくてい)の天津台湾カレーラーメンが番組史上最強のやみつき中華だと紹介されました。

 

そこで中華の昇福亭さんが紹介された番組内容と、独自に調べた昇福亭さんの特徴所在地営業時間アクセス、天津台湾カレーラーメン以外の主なメニューや食べログでの評価をあなたとシェアしたいと思います。

 

当日の出演者は高田純次さん、藤森慎吾さん、ゴールデンボンバーのボーカリスト鬼龍院翔さんのお三方です。

 

昇福亭さん天津台湾カレーラーメンが何をもって史上最強のやみつき中華と言わしめるのかを紹介する前に、昇福亭について少しだけ予備知識を・・・

スポンサーリンク

名古屋市瑞穂区の中華料理店 昇福亭はユニークなメニューで深夜まで営業

名古屋市瑞穂区佃町の昇福亭は、どこの町にも昔からありそうな中華料理店さん。

 

お店の外観も軒の朱色のテントシートの上、「日本盛り」の行燈に「中華料理 昇福亭」の看板が上がっている地元で愛される中華料理屋さんです。

 

見た目は普通ですが、ユニークなメニューが豊富! カウンターのメニューには載っていないメニューが壁にたくさん貼り付けてあるので、ぜひ全てを確認してからオーダーしてください。

 

また、「昇福亭」さんはランチ営業はしておらず、18時から深夜までの営業となっています。

 

おいしく、高カロリーな料理が夜しか食べられないなんて・・・なんて罪作りなお店なんでしょう!

名古屋市瑞穂区 昇福亭のコーナーでPS純金が放送した番組内容

「テレビをご覧のみなさ~ん」のナレーションでおなじみのPS ゴールドが、100回以上通った やみつき飯の特集をまたまたやってくれました。

スポンサーリンク

 

お客様が100回以上も通うお店だという事は「おいしい!」って事ですよね。

 

今回、高田純次さん、藤森慎吾さん、鬼龍院翔さんの御三方は、「昇福亭」さんを訪れています。

 

番組内容はここから===================================

画面は天津台湾カレーラーメン チーズトッピングを作る厨房から始まり、ラーメンの上に表面をパリッと焼いた特大の分厚いチャーシューをドーン!と、乗せる場面を映します。

 

するとナレーションが、テレビをご覧のみなさ~ん、一度食べたらやめられない止まらない気づいたら100回以上通っていた禁断のやみつき中華、見つけちゃいました!

 

藤森さん:「うまそ~」

 

鬼龍院さん:「そそるなぁ」、「そんなに、乗せる?」

 

藤森さん:「なに、これ?」

 

その画像が ↓

名古屋市昇福亭の天津台湾カレーラーメン

名古屋市瑞穂区 昇福亭の天津台湾カレーラーメン

 

画面上部のテロップには、「毎日食べたいやみつき中華・天津台湾カレーチーズラーメン」そして画面の下には「番組史上最強 のやみつき飯」の文字が・・・!

 

天津台湾カレーチーズラーメンにスープを入れる場面では、昇福亭を訪れた藤森さんは「やってるねこれ!」「やっちゃってるよご主人」

 

鬼龍院さんは「うわー」

 

藤森さんは「なにこれ!」

 

さらにカレールーをかけると・・・

 

高田さん:「ウォー、ウォー、ウォー!いい感じの」

 

藤森さん:「ちょっと、これ凄いわー」、「これうまそう」

 

高田さん:「どうしましょう」

 

画面は変わり、スープに入ったラーメンの上にふんわり玉子の天津、そしてチーズを一枚トッピングすると藤森さんが「やっちゃってるねご主人、ばかばかばか!」と絶叫。

 

藤森さん:「うまそ~」

 

高田さん:「そそるなぁ」

 

鬼龍院さん:「そんなに、乗せる?」

 

藤森さん:「なに、これ?」、「これ、今まで見た中でも一番クレージーかもしれない」。

 

次にカウンターでの実食画面に変わり、それぞれが感想を述べますが、ここでは下記の「お店の3人が昇福亭の天津台湾カレーラーメン チーズトッピングを実食」に記載します。

 

ナレーション:また来たくなるのは、名古屋市の都心部・・・ではなく、瑞穂区の住宅街にあるこちらのお店・・・と。

 

画面には「名古屋・瑞穂区のやみつき飯 昇福亭・妙音通駅 徒歩4分」の文字が。

 

画面は昇福亭の店内に移り、カウンター席のお客さんにスタッフが質問。

 

スタッフ:「何回来られましたか?こちらのお店」

 

男性客:「月に2回来たとして、年間24回、24×30? 700だな!」

 

スタジオの藤森さん:「余裕で100超えてる」

 

別の男性客にスタッフが「どれくらいいらっしゃるんですか?」

 

男性客:「20年の10分の1だとして、700回?」

 

スタジオ:「わっ、は、は、はっ」

 

子供連れのご家族の女性客:「2件目なんで」と言い、連れの男性は「1軒目もラーメン屋さんへ行ってきたんで・・・」

 

女性客:「ハシゴ、ハシゴ」と合の手を入れる。

 

男性客は続ける:「(一軒いった後でも)そこへ行っても、シメみたいなもので・・・」

 

画面には「ラーメン屋さんのシメにラーメン」の文字が・・・。

 

鬼龍院さん:「それぐらい美味しいってことかな」

 

突然、「来ましたよー」の声の下、カウンターのお客様にスタミナチャーシュー丼 800円が手渡され、画面に大写しになる。

 

お客様:「無性に食べたくなる」

 

そして、スタミナチャーシュー丼を作っている画面を見た藤森さんが「うまそー」、高田さん「味付けが良さそうだな」

 

次に画面に登場したのは、玉子の天津が乗ったカレー焼きそば 750円が画面にアップ。

 

ここで再びナレーションが昇福亭の紹介を始める:一度見たら忘れられない、食べたらもっと忘れられない、そんな病みつき飯が次から次へと出てくるパラダイス!

 

画面には「やみつき飯の宝庫」の文字。

 

何かトッピングがしてあるラーメンをかき混ぜているご夫婦の旦那さん:「うまいぞー」

 

奥様:「イエーイ」

 

スタジオの藤森さん:「こんなワクワクして食べるの幸せだな」

 

奥さんは旦那さんの食べるラーメン丼を横からじっと眺めている。

昇福亭の天津台湾カレーラーメン チーズトッピングの作り方

画面は前後して昇福亭でカウンター越しに「天津台湾カレーラーメン チーズトッピング」をお願いしますと注文する御三方に「お客様からはメニュー長いねと言われる」というお店の主人。

 

ここで藤森さんが天津台湾カレーラーメン チーズトッピングの画面と共にほんの少しだけ解説。

 

藤森さん:「いろんなものが詰まっちゃって、もう、天津、台湾って?天津って中国四川とか・・・」

 

高田さん:「めんが玉子めん風の細麺・・・」

 

ご主人:「そうですね、ちょっと細めんになります(麺は)さっとあげてさっと・・・」

 

高田さん:「それがベストですよね」

 

次にフライパンに玉子を入れて天津をつくる場面。

 

3人「ふわふわだ」

 

藤森さん:「これがまず、天津だ」

 

強い火力で一気に天津ができると「これはうまそうだ」

 

麺の上に天津を乗せ、その上にチーズを乗せると、何かを見つけた藤森さん:「バター乗ってません?チーズの下に?

 

ご主人が「カレーとバターはホニャララ・・・」

 

藤森さん:「チーズの下にバター隠れていませんか?」となおも質問。

 

高田さん:「カレーとバターあいますもんね」

 

藤森さんは「やってるねこれ!」「やっちゃってるよ、ご主人」「ごきげんだね、これ!」

 

さらに自家製の台湾スープを丼の中へ・・・

 

高田さん:「うわーこれ。いい感じの」

 

藤森さんは「ちょっと、これ凄いよ」「これうまそうだ」

 

高田さん:「どうしましょう」

 

藤森さん:「これ、今まで見た中でも一番クレージーかもしれない」

 

出来上がったラーメンにコーヒーに入れるフレッシュをかけ、さらにその上に表面が真っ白になるほど粉チーズを掛けると3人はスリー、ツー、ワン「やみつきで、やみつきで、やみつきで、つらいよ~」と合唱。

お店の3人が昇福亭の天津台湾カレーラーメン チーズトッピングを実食

そしていよいよ、丼を3人で分けながら実食。

 

高田さん:「いけるもんだね」

 

鬼龍院さん:「タマゴ合う」

 

高田さん:「かなり病みつきになる」

 

藤森さん:「うまーい」

 

鬼龍院さん:「記憶に残っちゃいますから、また来ちゃいますよ」、「病みつき」・・・と。

 

藤森さん:「うん、うんまっ」、「最初まず、カレーの風味が一番にグッと来るんですが、チーズがその後、コクと奥深さを出して、そのあと忘れたころに台湾の辛さがピリピリッと来るなと思ったら、今度天津の卵がマイルドに・・・」

 

高田さん:「全部まとめて、要するに(天津台湾カレーラーメン チーズトッピングは)うまいという事でよろしんでないですか?」

 

藤森さん:「一つのアトラクション・テーマパークみたい」「上手いこと入場から出口まで完成されている」

 

ナレーション:カロリー高そう、毎日食べたら心配、でもついつい通っちゃうんです。

 

画面のテロップには「店主の開発する料理はどれを食べてもやみつき」の文字が。

番組内容はここまで===================================

 

以上が、名古屋市昇福亭に関するPS純金の番組内容でした。

中華料理店 昇福亭 名古屋市瑞穂区の所在地、営業時間やアクセス、その他のメニュー

名古屋市瑞穂区の昇福亭は夜間のみの営業です。

 

昼間は食べられませんのでご注意ください。

名古屋市瑞穂区佃町 中華料理店 昇福亭の所在地、営業時間、定休日

店名  :昇福亭
住所  :愛知県名古屋市瑞穂区佃町2-9
電話  :052-824-9150
営業時間:平日 18:00~25:00 休日 18:00~24:00
定休日 :水曜日

昇福亭近辺の地図

中華料理店 昇福亭へのアクセス

昇福亭へのアクセス:地下鉄名城線妙音通駅から312m、徒歩約5分です。

中華料理店 昇福亭のその他のメニューと食べログでの評価

昇福亭の主な人気メニューと食べログでの評価です。

昇福亭の主なメニュー

番組では天津台湾カレーラーメン・チーズトッピングがメインで紹介されましたが、他にもユニークなメニューがたくさん、正にメニューパラダイスですがほんの一部をご紹介します。

〇天津台湾カレーラーメン920円※チーズトッピング付

〇スタミナチャーシュー丼 800円

〇カレー焼きそば 750円

〇 920円※チーズトッピング付

〇分厚く大きいチャーシュー麺 1,250円

 

昇福亭の食べログでの評価

昇福亭の食べログ評価:2020年4月現在で評価は3.38です。

名古屋市瑞穂区 昇福亭の天津台湾カレーラーメンがPS純金のやみつき飯で紹介のまとめ

名古屋市の昇福亭(しょうふくてい)の天津台湾カレーラーメンが番組史上最強のやみつき中華だとPS純金で紹介されました。

 

当日の出演者は高田純次さん、藤森慎吾さん、ボーカリストの鬼龍院翔さんの御三方。

 

昇福亭コーナーの番組内容と天津台湾カレーラーメンを食べた3人の感想や所在地、営業時間やアクセス、その他のメニューなどを記載しました。 マサミ

【関連記事】
(PS純金の100回以上通った やみつき飯特集記事)
岐阜県美濃市の大学ラーメンのねぎめしがPS純金で「おいしい」と紹介

三重県松阪市のカレーうどん専門店 たま樹のカレーうどんがPS純金で紹介

名古屋市藤が丘人情屋台内の『中国料理 まこちゃん』をPS純金が紹介

岐阜県岐阜市則武中 とんかつ蔵屋のCランチをPS純金がやみつき飯と紹介

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2020 All Rights Reserved.