あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

リライトに伴うブログ記事の追記で簡単、即効でSEOに強くする方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ブログ記事リライトをして、情報追記をして情報量を増やすと、SEOに強くなることが知られています。

 

しかし、情報量を増やそうと文章を後付け・加筆すると、ややもすると読者の読みにくい文章になってしまう事があります。

 

そこで、リライトに伴うブログ記事の追記を、簡単スマートに実行して、即効でSEOに強くなる方法を残しておきます。

 

スポンサーリンク

文章の後付け作業をすると読みにくい文章になりがちです

文章の後付け作業をすると、文章全体の流れがおかしくなり、ややもすると読者が読みにくい文章になってしまう事があります。

 

読者が読みにくい文章はの離脱率が上がりますし、そもそも分かりにくい文章自体がグーグル先生の評価を下げてしまいます。

 

せっかく、情報量を増やしてSEOを強くして、ブログの評価を上げようともくろんでいるのに、元も子も無くなってしまいます。

 

また、文脈や言葉使いを整えるために文章全体を何度も読み直して添削するのは、かなりの労力と時間を費やしてしまいます。

 

そんな事態を簡単に防いでスマートに解決する即効テクニックをご紹介します。

後付け情報を、既存の文章に差し込む事はやめて「コラム欄」を加える

後付け情報を、既存の文章に差し込む事はやめにしましょう。

 

では、どうしたらスマートに情報量を増やせるかと言うと・・・

 

 

「コラム欄」を設けて、独立した文章を付け加えるのが一番簡単です。

 

「コラム欄」を設ければ、文脈は崩れず、しかも簡単に文章の後付けができます。

 

独立した文章での追記ですから、時間経過による言葉使いが変わっても(読み手にとって)不自然ではありませんし、「コラム欄」を「追記」などにすれば、情報量が増えた事も一目瞭然です。

 

また、「コラム欄」や「追記」には、書き手個人の意見や分析を加える事が出来て、記事の独自性が発揮できますから、グーグル先生の評価も上がると考えられます。

スポンサーリンク

「コラム欄」や「追記」の書き方は具体例を含めたPREP法で書く

PREP法の強みは、簡潔で説得力のある文章が書きやすいことです。

 

最初に結論が書いてあるために、Web上で不特定多数に公開する文章は、PREP法で構成するのが良いとされています。

PREP法での文章の書き方

PREP法での文章の書き方をまとめててみます。

1,の「Point」で、文章の要点と結論を書きます。

2,の「Reason」で、結論の理由を論理的に説明します。

3,の「Example」で、理由が裏付けられるような具体例を示します。

4,の「Point」で、もう一度、話の要点や結論を書いて結びとします。

具体的な例文を書くと下記のようになります。

1,夏の直射日光は目に悪いのでサングラスなどを使おう。

2,目に紫外線が入ると目がダメージを受けて角膜が炎症や充血を起こします。

3,例えば太陽光に含まれる紫外線は、上記のような電気性眼炎(雪目)という症状を起こし、ダメージが蓄積すると目の細胞を破壊してしまいます。

4,ですから、夏の直射日光は目に悪いため、サングラスなどで紫外線を和らげて、目を保護しましょう。

※「コラム」の書き方には、「PREP法」以外に「序破急」や「起承転結」で書く方法がありますが、PREP法で書くと結論が冒頭に書いてあるために、流し読みでも注目を集めやすい文章構成になります。

 

インターネット上の文章は、隙間時間にスマホで読まれることが多いので、PREP法で書かれた簡潔な文章がベストです。

スポンサーリンク

リライトに伴うブログ記事の追記で簡単、即効でSEOに強くする方法のまとめ

ブログ記事のリライトをして、情報の追記をして情報量を増やすと、SEOに強くなることが知られています。

 

しかし、情報量を増やそうと文章を後付け・加筆すると、ややもすると読者の読みにくい文章になってしまう事があります。

 

そこで、後付け情報を、既存の文章に差し込む事はやめて「コラム欄」に追記する方法を提案します。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 マサミ

【関連記事】

アドセンス審査を2回目で合格した方法!審査時の記事も公開

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2021 All Rights Reserved.