あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

登龍 麻布店(とうりゅう)の焼き餃子を黒木瞳が人生最高レストランで紹介

 
登龍 麻布店 とうりゅう 特製四川皇麺 麻布十番 東京
この記事を書いている人 - WRITER -

登龍 麻布店とうりゅう)さんの焼餃子特製四川皇麺が黒木瞳さんがゲスト出演したTV番組「人生最高レストラン」で紹介されました。

 

そこで登龍が紹介された番組内容と、独自に調べた登龍の特徴所在地営業時間アクセス、焼き餃子と四川麺などのメニューや食べログでの評価をあなたとシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

登龍 麻布店(とうりゅう)の特徴

東京都港区麻布十番にある登龍 麻布店(とうりゅう)は、1964年創業の老舗。

 

登龍の創業時から人気No.1の焼き餃子は、フカヒレ入りでボリュームたっぷり、皮は厚めで、にんにくが入っていないため、ランチに食べても大丈夫。

 

黒木瞳さんも紹介している四川皇麺は胡麻ペーストのスープでこちらも人気商品。

 

登龍は高級中華料理店だけに、味も値段もハイクラスなお店です。

人生最高レストランが放送した港区麻布 登龍 麻布店の番組内容

人生最高レストランが放送した登龍 麻布店さんの番組内容をテキストで残しておきますのでご覧ください。

 

当日の出演はMC 加藤浩次さん、島崎和歌子さん、 高橋茂雄(サバンナ)さん、宇賀神メグさん、 黒木瞳さんでした。

 

ここから=============

 

MC 加藤浩次:「さぁ、今夜はですね、あの大女優さんが来てくれますよ」

スポンサーリンク

 

島崎和歌子:「なにか、こういった番組出てくれるんだって・・・」

 

加藤浩次:「あんまりトーク番組出ているイメージってないですよね」

 

全員:「ない、ない」

 

加藤浩次:「なんか俺らの全く知らないもの食べてるんじゃない?」

 

島崎和歌子:「絶対、美味しいものたべてる!」

 

ゲストの黒木瞳さんがスタジオに表れる。

 

宇賀神メグ:「入院中妻に『そんなに目、大きかったけ?』と言われた加藤浩次の人生最高レストラン」 のオープニングで始まった。

 

オープニング後の軽いおしゃべりの中で黒木瞳さんが、実は私、加藤浩次さんのファンなんですよ・・・と語った。

 

島崎和歌子:「エッー」と驚き、「本当なんですか?どこが?」

 

黒木瞳:「何かわからないけど好きなんです」と言われて、「こんな恥ずかしいことはない」と照れる加藤浩次さん。

黒木瞳さんが30年以上通い続ける登龍 麻布店を紹介

宇賀神メグ:「今日の献立参りましょう。ちょっと高くて、とても美味しい。黒木瞳さんの人生で最高に美味しかったものの話。まずは30年以上通い続ける高級中華」

 

黒木瞳:「麻布十番にあります『登龍』の四川麺です」

 

加藤浩次:「四川麺ってどういうやつですか? 」

 

黒木瞳:「担々麺ですね」

 

島崎和歌子:「エッー、四川麺って言うんですね、あれって」

登龍 麻布店 とうりゅう 特製四川皇麺 麻布十番 東京

東京麻布十番 登龍 麻布店(とうりゅう)の特製四川皇麺

 

黒木瞳:「そうですね、私が夫と出会った頃にですね、かれこれ30年以上になるのですけども、 あの『ごま好き?』って言われて『好きよ』 、『辛いの好き?』『好きよ』 、って言って連れて行ってもらったのです」

 

加藤浩次:「おつき合いされている時ですか?」

 

黒木瞳:「あっ、してました、はい」、「そしてもう一人とても仲の良い友達がいて、彼に、その人に私を合わせたかったらしいのです」、「この人と結婚しますよだったのか、しましただったのか・・・ちょっと覚えていないんですけども」

東京麻布十番街の登龍 麻布店は1964年創業の老舗

テレビの画面は変わって、東京麻布十番を映し出す。

 

看板には高級中華名菜登龍の文字が・・・

 

画面は変わって、1964年創業の文字と共に店内を映し出す。

 

加藤浩次:「本当、老舗ですね」

 

島崎和歌子:「そんなに古いんだ」

 

黒木瞳:「まず餃子を食べます」、「旦那さんと行くと、一緒に出てくることありますよね。あれ苦手なんです」

 

加藤浩次:「先に餃子を食べたい」

 

黒木瞳:「そうそう、それで麺に行くという」

登龍 麻布店の焼き餃子は人気No.1メニュー

画面は創業当時から人気No.1メニューの調理中の焼き餃子を映し出す。

登龍 麻布店 とうりゅう 焼き餃子 麻布十番 東京

東京麻布十番 登龍 麻布店(とうりゅう)の焼き餃子

 

黒木瞳:「夫なんかはすぐに食べたいので、餃子と一緒に頼むんですよ。だからそれはやめてねっていう」

 

画面いっぱいに、出来上がった焼き餃子が映し出される。

 

高橋茂雄(サバンナ):「うわー、うまそう」

 

島崎和歌子:「美味しい、手作りのね、結構大きい」

 

加藤浩次、高橋茂雄:「うわっーこれはチョット食べてみたい」。「食べてみたいですね」

黒木瞳さんがお気に入りの登龍 特製四川皇麺とは

場面が変わり、調理中の特製四川皇麺を映し出す。

 

特製四川皇麺のスープに唐辛子を追加している。

 

加藤浩次:「黒木さんって、辛いの好きなんだ!」

 

当の黒木瞳:「あんなに入れるんですか?知らなかった」

 

完成した特製四川皇麺を説明する黒木瞳さん。

 

黒木瞳:「あの、今の四川麺と、ちょっと昔の四川麺があるんですけども、昔ながらの辛めで熱めの四川麺を注文するんですね。それで(唐辛子を追加した)これが来るんです 」

 

この後に結婚30年目の黒木瞳さんが夫とのなれ初めを告白した。

 

=============ここまで

登龍 麻布店の放送内容を見た筆者の感想

人とお気に入りの食べ物との出会いには、いろんなパターンがあると思います。

 

今回の黒木瞳さんの「人生最高レストラン」のパターンが正にそのパターン。

 

好きな人が、好きな人の好みを聞いて連れて行ってくれたお店の食べ物の場合、ほとんど間違いはない。

 

もともと、評判の良いお店に好きな人同士が入って、人気メニューを食べたんですから、雰囲気み味も最上だったのでしょう。

 

それが、30年もの長い間続くなんて!

 

黒木瞳さんと旦那さんは、今もラブラブなんでしょう!

 

港区麻布十番 登龍の所在地、営業時間やアクセスやメニューなど

東京都港区麻布十番 登龍の所在地、営業時間やアクセス方法、食べログでの評価をお知らせします。

麻布十番 登龍の所在地、営業時間、定休日

●店名 :登龍 麻布店 (トウリュウ)
●電話:03-3451-0514
●予約可否 :03-3451-0514
●所在地:東京都港区麻布十番2-4-5
●営業時間:11:30~21:30(L.O.21:00)日曜営業
●定休日:火曜日

港区麻布十番 登龍 麻布店へのアクセス

●都営地下鉄大江戸線麻布十番駅 徒歩2分 駅から142m
●東京メトロ南北線麻布十番駅 徒歩2分

登龍 麻布店近辺の地図

登龍 麻布店の近辺の地図です↓

人生最高レストランの登龍 麻布店の番組コーナーで紹介したメニューや食べログでの評価

登龍 麻布店のメニュー

●焼き餃子
●特製四川皇麺
●酸辣湯麺
●麻婆豆腐
●炒飯 など、四川料理、中華料理など全般

登龍 麻布店の食べログでの評価

登龍 麻布店の食べログでの評価は 3.76 です。(2020年11月現在)

登龍 麻布店(とうりゅう)の焼き餃子を黒木瞳が人生最高レストランで紹介のまとめ

登龍 麻布店さんの焼餃子と特製四川皇麺が黒木瞳さんがゲスト出演したTV番組「人生最高レストラン」で紹介されました。

 

このページは登龍が紹介された番組内容と、独自に調べた登龍の特徴や所在地、営業時間やアクセス、焼き餃子と四川麺などのメニューや食べログでの評価を記載しました。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 マサミ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2020 All Rights Reserved.