あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

Thunderbirdで送信者名(差出人名や署名)を複数個登録して使い分ける

 
メールソフト・thunderbird
この記事を書いている人 - WRITER -

メールソフト・Thunderbirdの使い方や設定を調べていると、複数のメールアドレスで複数のアカウントを登録する方法を紹介しているページは多いのですが、一つのメールアドレスで送信者名を複数使い分ける方法を探すのに苦労しました。

 

そんなわけで、備忘録として残しておきます。

スポンサーリンク

一つのアドレスで複数の差出人名(送信者名と署名も)を登録する方法

Thunderbirdは、一つのメールアドレスでも複数の差出人名(署名も)を登録して相手によって使い分けることができます。

 

同じメールアドレスで、送信者名や署名を使い分けたいケースが多々ありますよね。

 

たとえば、親しい友人へ送るメール、親戚や知人へ送るメール、仕事関係の人に送るメール、英語圏の人に送るメール等々、送信者名を変える必要があります。

 

すでに、設定方法は忘れてしまいましたが、Windows Liveメールではフォルダを作って送信者名を使い分けていました。

 

今回、Windows Liveメールがクラッシュして使えなくなりましたので、友人の電気屋さんに問い合わせたら、比較的デザインがLiveメールに似ていて使いやすいのではないかとThunderbirdを紹介してくれました。

 

Thunderbirdって Liveメールと同じく無料なんですね!

Thunderbird無料ダウンロードページ

 

さて、Thunderbirdをインストールして設定を始めたのですが、前出のように、一つのメールアドレスで送信者名を使い分ける方法を探すのに苦労しました。

スポンサーリンク

 

まず、アカウント設定画面を開きます。

1、アカウント設定を開く

まず、最初にアカウント設定を開く必要が有ります。

Thunderbirdのツールバーが表示されていない場合は、下図、赤丸の三本線を右クリックして「ツール」>「オプション」>「アカウント設定」と開きます。

thunderbirdの「ツール」を表示

thunderbirdの「ツール」を表示

※Thunderbirdのメニューバーは、標準では表示されていないと思います。ツールバーを表示させるには三本線を右クリックして「メニューバー」にチェックを入れれば、常時表示されます。常時表示をしておいた方が何かと便利かと思います。

 

既にツールバーが表示してある場合は「ツール」>「アカウント設定」 でアカウント設定を開きます。

2、設定したい対象アカウントの設定ページを開く

すると、「アカウント設定」というタイトルのウインドウが開きます。

 

下図は既に一つのアカウントが登録されています。(署名編集は未だしてありません)

thunderbirdのアカウント設定画面

thunderbirdのアカウント設定画面です

 

次に、上図右下の「差出人情報を管理」をクリックすると下図が開きます。

thunderbirdの差出人情報の管理

thunderbirdの差出人情報の管理画面です

 

上図の「追加」をクリックすれば下図の「新しい差出人情報」が表示されます。

thunderbirdの「新しい差出人情報」

thunderbirdの「新しい差出人情報」の画面です

 

上図の各項目に二つ目以降の差出人名や署名を記入します。なお、差出人情報以外にも、その他のオプションも個別に設定できます。

 

以上に述べた作業を繰り返して、複数の「差出人名」や「署名」を登録しておけば、新規メールを作成した時に、「差出人」欄をクリックすることで、どの「差出人名」や「署名」を使って送信するのかを簡単に選ぶ事ができます。

 

お疲れさまでした。 マサミ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2019 All Rights Reserved.